「今日」「は」「何」「を」「して」「る」一語一語送ってくる友人のLINEトークにイライラ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:なっち
性別:女
年齢:60
プロフィール:現役会社員。老後への不安な思いを抱えながら、毎日仕事に追われています。

12.jpg

30代の頃から親しくしている友人がいます。昔は携帯メールでやり取りをしていたのですが、ここ数年はLINEでのやり取りが多くなりました。しかし、その友人は自分が気になる話題や得意の話題だと、自分が納得するまでとことんトークをやり続けるタイプ。そしてそれを一言一言、単語単語でLINEしてくるのです。携帯メールの頃はそれほど気にはしておりませんでしたが、LINEになってからはうっとうしくてたまりません。

例えば「今日は何をしてる?」という文章でも「今日」「は」「何」「を」「して」「る」「?」と送ってくるので、数秒間にLINEのお知らせ音が、ピンポン、ピンポンと連続して鳴る始末。忙しくてスマホに出られないときは最悪で「既読」にならないのでさらに「元気」「?」「なの」「?」といった具合です。

しかも、彼女が悩み事などを送ってくるのは、大抵夜中の1時過ぎ。一時はLINEの音で眠れなかったこともあり、スマホを寝室ではなくキッチンにおいて寝るようにしました。すると彼女からは「最近、寝るの早いね」と......。でなくて、LINEの音がうるさくて別のところにおいたんだよ!って心の中で叫びました。

特に仕事中の連続LINEは本当に迷惑です。彼女は私が仕事をしていることは知っているので、返事がなければそのまま待ってくれればいいことなのに、彼女はそのような大人の対応ができません。お知らせ音がうるさいので一時はお知らせ音をOFFにしましたが、大切なトークを見逃したりしたので、結局またお知らせ音をONにしてあります。またLINEのアプリを開きっぱなしにしておくとお知らせ音はならないのですが、読まなくても「既読」になってしまうので、そうすると今度は返事がないことをトークでしつこく問いただされます。

大人であればもう少し空気を読んでほしいと切に思います。彼女もまだ昔はそれほどでもなかったのですが、年齢を重ねるごとに「なにかに対する執着心」がすごく強くなっていて、「返事」はまだかという圧力がすごいのです。また、突然何十年も昔の話をぶり返して「あのとき、こう言ったよね」と言い、忘れていたと言うとなんで忘れたのかと尋問が始まります。それ以外は、面倒見がよく決して悪い人ではないのですが、年齢とともに周りが見えすぎたり、また周りが見えなくなったりするものなのか、そしてそういった部分が自分にもあるのではないかと思うと不安でたまりません。

人が困ることや嫌がること、一般常識は何歳になってもしっかりと持って生きていきたいと思うこの頃です。

関連記事:どうでもいい内容が頻繁に届く! 義家族のLINEグループに嘆く嫁の気持ちに共感できる?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメント一覧

はじめまして。 ただただビックリしてます。そんなLINE送る人いるんですね。 そもそも送り方間違ってるんじゃないでしょうか?一度返信を同じように単語毎で送信してみては?こんな風に届くから、送信ボタンは文章の最後に1回だけにしてください、と、お願いするしかないような気がします。
はじめまして。それはいらいらしますね…。設定によりその人のトークのみ通知をオフにすることもできるのでおすすめです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP