「車を買い替えよう」って、ええぇ⁉ 57歳の夫よ、古くなった家、家電、他に色々あるでしょうに...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:シルキー
性別:女
年齢:53
プロフィール:夫57歳、息子23歳。戸建て持ち家。単発パート・アルバイトなどをしています。

1.jpg

結婚して25年が過ぎました。

一人息子も今年から就職することになり、今後の夫婦2人の生活プランを考える時期がきました。

そんな中、先日、将来の話を夫としている時「何を言っているのか?」とぎょっとすることがありました。

夫が「次のボーナスでは、車を買い替えよう」というのです。

ほんとにびっくりしました。

確かに、今住んでいる場所は、車がないと生活するのには相当不便です。

でも、現在車がないわけではなく、壊れてもいません。

むしろ私には慣れて運転しやすい車です。

元々、夫が車が好きなのは知っています。

でも私にとって車は「安全、手入れも簡単で、維持費も少なく、燃費も良い」という所が最大のポイント。

買う段階になれば色や値段には興味はありますけれど、固執しません。

そのことは夫には何回も言っています。

でも夫は、いわゆる「見栄え」が良い車が欲しいようなのです。

理想は年齢に合った、乗り心地の良い、サイズの大きな車なのでしょう。

穏やかな性格の夫は、私の意見を聞かないわけではないですが、急に「これ、買うから」という感じで契約を済ませてきます。

そして、今回もそう。

もう怒っても遅い段階まで進んでいるのです。

結果として私の意見はもう入れられない。

ぐったりしてしまいます。

私は車よりも家のことにお金をかけるべきだと思うのです。

現在の住まいは持ち家なのですが、年月の経過であちこち気になる部分が出てきています。

お風呂など水回りもそろそろリフォームもしたいところですし、電気温水器などの生活機器も古くなり、時々故障しては修理して使っている状況です。

夫もそれは承知しているはずなのに...なぜ? 

だからこそ、まさか優先順位として、最初にくるのが「車」とは思いませんでした。

がっくり力が抜けたと同時に、こんな風に今後様々な場面で「経済観念のズレ」が生じていくのかと思うと恐ろしくなってしまいました。

こういう場合、どうしたらいいのでしょう...?

ファイナンシャルプランナーさんに、相談したほうがいいのか悩んでいます。

私もこの年で、改めてできる仕事を見つけ収入を得て、老後の生活への貯金を少しでも増やすなど、方法を考えねばなりません。

雇ってもらえるような会社やパート先があるのだろうかと、不安しかありませんが。

最終的に、「将来は夫をあてにしている場合ではないのかも?」とまで、悪い方向に考えてしまいます。

憂鬱ですが、夫と話し合わないとなりません。

なんとか喧嘩にならないように工夫して上手く話をできると良いのですが。

毎日、言い出すきっかけを考えては、逃げたくなって、落ち込んでしまう日々が続いています。

関連の体験記:一人残され「話題をひねり出す」妻の気持ちもわかって...実家に帰るとすぐ寝てしまう55歳の夫
関連の体験記:絶望、嫌悪、恐怖...。自分の身を守るため、私が夫との「家庭内別居」に至るまで
関連の体験記:結婚は気楽にするものではない――8年で離婚した妻が実感したこと

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP