液が出て、かさぶたができて、それをつついて...20年来の「耳かきループ」である日激痛が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ちょっき
性別:女
年齢:41
プロフィール:耳掻きがきっかけで外耳炎になって20年弱になります。

33.jpg

私は幼い頃から毎日耳掻きをしていました。

20代になってもそれは変わらず、ずっと同じやり方で、毎日のように耳をいじっていました。

それがたたったのか、その頃とうとう傷がついてしまい、「外耳炎の初期症状」が出てしまいました。

その症状は、「違和感や痒み→指か綿棒でかく→液が出る→かさぶた→違和感や痒み」...という、まさに「負のループ」。

かさぶたを剥がさなければ全て解決するのでしょうが、痒いし違和感があるのが嫌で、常に触ってしまっていました。

やめなきゃなぁと思いながら、日常生活には影響がでないのでやめられず20年弱が経過。

ループを断ち切れないまま、いつものようにかさぶたをいじっていた、ある日のことです。

耳に「いつもとは違う痛み」を感じたのです。

いつもなら、かさぶたができてる場所に痒みや違和感があるのですが、その日は...鼓膜付近が痛い! 

しかも痛みは増すばかりでした。

更には運悪く、その日は年末年始の休みに入る一日前! 

あわてて耳鼻科へ駆け込みました。

「外耳炎ですねー。お薬塗っておきますねー」

診察してくれたお医者さんは、耳を軽く見ると、そう言って診察終了。

家で塗る薬も、飲み薬もなく終わりました。

診察で薬を塗って貰ったから治るはず...と思っていましたが、痛みは増すばかり。

外耳炎というから皮膚が痛いと思っていたのですが、痛いのは内側なのです。

「耳たぶの付け根の奥あたり」というのでしょうか...とにかく耳の内側が痛い!

はっきりとは覚えていないのですが、幼い頃にかかった中耳炎の痛みに似ていました。

常に痛みを感じている状態ですが、物を噛むときなど顎を開けると痛みはさらに増しました。

薬局にいきましたが外耳炎の薬はなく、とりあえず鎮痛剤を購入したのですが「少し痛みが和らいだかなぁ」という程度でした。

あまりの痛みに、

「中耳炎の誤診じゃない?」

「鼓膜に穴が空いちゃったのかも...」

...など、あれこれ考えながら過ごし、年が明けてようやく痛みが落ち着きました。

散々な年末年始で、家族にも迷惑をかけてしまいました。

ループを断ち切っていればこのような激痛にならなかったはずですが、まさに「後の祭り」でした。

どうやら、外耳炎は繰り返すようですので、20代からの「負のループ」を今度こそ断ち切るべく、今後は耳かきの頻度を抑え、必要なときにだけ、最新の注意を払って行おうと思います。

そして、もしまた外耳炎の症状がでたら...早めにお医者さんに行くことが大事だと思いました。

忙しい、恥ずかしい、怖いなどと思わず、一刻も早く治して...二度とあんな痛い思いしないようにしたいです。

関連の体験記:耳垢が「ベトベトタイプ」の私。綿棒でグリグリ掃除していたら激痛が走って...!?/中島めめ
関連の体験記:「そんな気ないぞ、俺は」母が亡くなり一人暮らしの89歳父。兄夫婦との同居を断る「意外な理由」は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

私も同じ経験があります。 外耳炎になるまで、耳かきは週に一回か月に3回程度でした。 過去に耳のトラブルがあり、怖かったのです。 外耳炎になったのは、仕事の引き継ぎの頃です。教えてくださる方の声が低すぎて聞き取れず、耳が汚れて詰まってるのかと毎日ガリガリしていたら(何もでない)、だんだん痛みが! 耳鼻科で聞こえにくさと痛さを訴えたら、聴力は問題なし、痛さは耳そうじしすぎによる外耳炎と診断されました。 内服薬でよくなりましたが、この時以来、慢性化しました。 医師は「女性の場合、清潔願望が強くて、耳かきしすぎる。それで外耳炎になりやすい」といいました。 一回診察して薬をもらうと1年は行かなくて済みますが。ストレス過多になると耳がぞわぞわ、耳かきがないと不安になります。
耳の中には気持ちよくなるツボが沢山あるんですってね そこに加えてカサカサタイプの耳垢だとついいつまでもポリポリと掻いてしまう…私も同じです。 ちょっと大きいの剥けるとスッキリするんですがやり過ぎはダメですね

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP