「ばあばがじいじをイジメてる」孫2人から疑いの目。いや、じいじの変なクセが発端なのに...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:54
年齢:女
プロフィール:夫の変なクセが原因で、孫から悪者扱いされてしまいました。

44.jpg

私の夫は現在58歳。

今から約30年前に結婚しました。

実はその当時から、夫には変わったクセ(?)があり悩まされています。

そのクセと言うのが「同じモノを買い続ける」というものです。

例えばアイスクリーム。

テレビのCMを見て、「これ美味しいんだよね~」なんて言ったら最後、毎日毎日買ってきます。

あるいはワッフル。

出張のお土産にと駅ナカで買ってきてくれたのですが、それがホントにめちゃくちゃ美味しかったのです。

出張土産なら大丈夫よねと思い「めちゃくちゃ美味しい~、ありがとうね」と、うかつにも誉めてしまったのですが、それが悪かった。

何度も何度も、駅ナカに立ち寄ってまで買ってくるのです。

車をパーキングに預けてまで。

もちろんお土産は嬉しいのですが、同じものばかりずっと食べられませんし、甘いものを続けて食べるのは健康上よろしくありません。

そこで「太っちゃう~」とか、「お小遣い大丈夫?」なんて優しめに断るのですが、夫は「きっと遠慮してるんだ!」とおかしな勘違いを起こしてまたまた買ってくるのです。

そうなると、かなりハッキリと伝えなければストップできません。

「イヤイヤ、遠慮じゃないの。ホントにいらないから。もう買ってくるのやめてくださいっ!」

結局、そんな厳しめの口調で伝える羽目になり、悪いとは感じつつも、そこでようやく一件落着するのです。

そんなわけで、結婚以来、夫のクセをずっとこんな感じでやり過ごしてきました。

しかし、孫が生まれてこの状況が一転。

孫たちから悪者扱いを受けるのが私になってしまいました。

というも、夫は私から厳しめの口調で断わられた後、けっこうわかりやすく落ち込むのです。

無口になって急にパソコンを持って部屋に籠ったり、「コンビニ行ってくる」と出かけて行ったりします。

こういう時、夫は体が斜め右に傾くので「元気がない」ことは家族みんなにバレバレ。

それに気づいた孫2人が夫を追いかけ、「じいじ元気ないね。どうしたの?」と話しかけると、「ばあばに怒られた...」と夫は結末だけを伝えるのです。

となると孫2人は突然じいじの強力なサポーターに変身。

「じいじが元気がない。かわいそう!」と私に訴えてきます。

まるで、私がじいじをいじめているかの如くの勢いで。

慌てた私は「違う違う、あのね...」と何がどうしてこうなったのかを一生懸命に説明するのですが、これがなかなか通用しません。

一旦「じいじかわいそう」となった孫の心には全然響かないのでしょう。

孫が2人して「じいじをいじめたばあばがアタフタしながら言い訳してる」とでも感じているような「ジトー」とした疑いの目つきで私を見つめるのです。

これには、何とも言えないモヤモヤを感じている私なのです。

関連の体験記:離婚して出戻った姉。70歳の母に3人の子供の世話をさせ、自分は漫画を読みふけり...
関連の体験記:2台あった車を1台にしたら...結婚10年、40歳夫の「知られざる一面」が!
関連の体験記:「ごめんね、ばあば。でもね...」つないだ手を突然振りほどいた「8歳の孫娘の言葉」にほっこり

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

旦那さんの腰痛をすっかり忘れてしまったという以前の投稿も、拝見しましたが、旦那さんを普段から大切に思っているようには余り見えませんでした。 普段の扱いもありお孫さんからそう見えているのでは?本当に優しい旦那さんですよね。でももっと本当に思っていることや意見を口にできるような家庭だと本人にも良いかもしれませんね。
ご主人のお小遣いで買ってくるなら好きにさせたらよいと思いますよ。もしお菓子など食べたくないならそのまま置いとけばいいし。溜まりに溜まったならご主人も気付くのでは?それでも気付かないなら孫さんにでも食べてもらえばいいと思いますよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP