え!一人で起きられなかったの!?介護保険の訪問調査で知った事実/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と、リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

今回のお話は、おばさんが初めて「介護保険認定調査」を受けることになった時のお話です。  

前回のエピソード:台所の床におばさんが!初めて在宅介護を意識した日

両膝に人工関節が入っているおばさんですが、それまで「介護保険」を利用することはありませんでした。しかし、だんだん家族だけで日常生活を支えるのが難しくなってきたため、病院で紹介された「介護保険」を利用してみようということになりました。

12-1.jpg

介護保険認定調査には、家族の同席が必要です。

12-2.jpg

あれ?嫁のダメ出しかな?

おばさんのメモには、嫁に頼みたいけど頼みにくいものが たくさん書いてありました。


12-3.jpg
12-4.jpg
12-5.jpg

家族と同居している高齢者がどこまで介護保険の利用ができるのか、 私もよくわかりませんでしたが 少なくともおばさんの要求が全部叶えられるとは思えませんでした。

 

12-6.jpg


時間ぴったりに調査員の方が到着。 本人確認や家族構成など、ひと通り聞かれたあと いよいよ聞き取り調査が始まりましたが...

12-7.jpg
12-8.jpg

おばさんの使っているベッドは、その昔おばさんの母親が使っていたという介護用の電動ベッドです。背が手元のリモコンで起こせるようになっているので、起床は1人でできると思っていました。

その後も、介護認定調査で嫁の知らないおばさんとお義母さんの生活が次々と明らかになっていったのです...

(つづく)

次の記事はこちら:下着すら何日も替えてない...?知らなかった姑妹の不自由な生活

この記事もおすすめ:83歳、要介護2、一人暮らしでも自宅で暮らすことはできる/介護破産(30)

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

※ 健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※ 記事に使用している画像はイメージです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジさんのブログ:7人家族の真ん中で。

PAGE TOP