入院やホームへの入所で仲間が減り、私は80歳ですが何事にも「やる気」がなくなってしまい.../お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「最近、一緒に出歩く仲間が減りやる気がでない...」というお悩みに、マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事の荻野淳也さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_29681237_S.jpg

【お悩み】
人とのつながりが減りやる気がなくなりました。自分に気合いを入れたい

最近、知人がホームへ入ったり、入院したりと、一緒に出歩く仲間が減ってきました。

それとともに、私のやる気もなくなりました。

自分へ気合いを入れる方法はないものでしょうか。

宮崎県 K・Sさん(80歳)


【おこたえ】
好奇心をもって想像力をもって上を向いて歩こう

お仲間に会えないのは、さびしいですね。

ただ、やる気がなくなり、外出も減るとより一層やる気を失うことになりかねません。

オススメしたいのは、外に出て、目線を上げながら、好奇心をもって新しい発見を心がけて散歩をすることです。

例えば、青空に浮かぶ雲のカタチが何に似ているか想像しながら歩く。

または、朝日や夕日、お天気によっても変化する空の色を楽しみながら歩く、など。

幸せに関する研究によると、上を向いている時、人は負の感情が湧きにくい状態といわれています。

また、脳科学の研究では、好奇心をもっていろいろなことに注意を向けたり、新しい習慣を作ろうとすると、脳の細胞は年をとっていても、新たな成長を起こしていくそうです。

一瞬だけ気合いを入れて、外に出ることで、新たな発見が楽しみを生むでしょうし、新しいご縁にも気付くかもしれません。

荻野淳也さん(マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事)

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

荻野淳也さん
マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事。専門は「心の安定」。

この記事は『毎日が発見』2020年8月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP