「言うことがコロコロ変わる友人、気持ちが疲れました...」(66歳女性)/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「言うことがコロコロ変わる友人に振り回される」というお悩みに、臨床心理カウンセラーの栃木さおりさんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_21525537_S.jpg

【お悩み】

言うことがコロコロ変わり、振り回される

お茶会のサークルで知り合った友人の1人、Yさんは、いつも言うことがコロコロ変わります。

「水曜が良い」と言ったと思ったら「火曜が良い」。

都合は人それぞれですが、調整する方は大変そうです。

「体の調子が悪い」と言っていた次の週には「なんだか体が軽い」。

「私はあの人の言うことは信じられない」と鼻息荒くしていたと思ったら、「けっこういい人よね~」とニコニコ。

「先生のプレゼントは1000円くらいがいい」から「300円しか出せない!」にいつの間にか変更。

などなど。

私はたいてい「ええ大変!」とか「え? 違うの」、「もっと早く言ってくれたら良かったのに~」などと気持ちが行ったり来たりしています。

疲れました...。

私がバカみたいで嫌になります。

山形県 T・Nさん(66歳)


【おこたえ】

あー、そう。以上!で受け流してOK

T・Nさんはとても優しい方なんだと思います。

相手の言ったことや思いにちゃんと寄り添うようにしていらっしゃる。

まずはそんな自分に「いつもお疲れ様」と声をかけてあげてください。

そして、言うことがコロコロ変わる人の"言葉の聞き方を今日から変える!"宣言を。

"振り回される自分にサヨナラ!"宣言でも良いです。

相手はただ、言いたいだけ、です。

そのときの気分を素直に表現しているだけ。

聞く側には、その気持ちを「はい、そうなのね」と受け止めてもらえればいいのです。

本当に聞いてほしいことがあれば、言う中身を変えることなく、繰り返し伝えるはずです。

あなたは、口は動かすけど、気持ちと体は動かさず、のスタンスで。

でも「ちゃんと聞いたよ」を示しておけば、自分を守ることができます。

●栃木さおりさん(臨床心理カウンセラー

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

栃木さおりさん
臨床心理カウンセラー。専門は「傾聴」。

この記事は『毎日が発見』2020年7月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP