主婦が夜に出かけるなんて? 平日の夜に習い事へ行きたい妻の投稿が話題

いつもは家族のために忙しく働くお母さんも、たまには自分の時間が欲しいもの。時間を見つけて、趣味や勉強のための習い事に通うのもいいですよね。しかし中にはそんな自分の時間が家族の反対で持てず、悩んでいる人もいるようです。

180918_narai_01.jpg

妻の習い事、どう思う?

以前ネットの掲示板では、「妻の夜の習い事。反対しますか?」という投稿が話題になりました。投稿者は、日中フルタイムで働く主婦。子どもに手がかからなくなったため平日の夜に習い事をしたいと夫に伝えたところ、夫は「主婦が夜に出かけるなんて」といい顔をしないのだそう。ちなみに主な生活費や教育費は折半しており、週末は子どもの送迎や家族での外出で習い事に行きにくいとコメントしています。

投稿者は「この状態で反対する夫のほうが少数派だと思うのですが、どうでしょう?」と質問を投げかけており、これには掲示板でも共感の声が続出。多くの人が「これは旦那さんの方が少数派。ただのわがままだと思う」「別に夜遊びするわけでもないのに厳しすぎ」「投稿者はフルタイムで働いてるんだし、文句言える立場じゃない」と感じたよう。

しかし中には「投稿者は全然間違ってないけど、旦那さんの気持ちもちょっとわかる」「出かけることに支障はなくても、なんとなく『家にいて欲しい』んじゃないかな」といった声も。そのため「反対を受けたまま習い事をしても揉めるだけだから、きちんと話し合ってからにした方がいいと思う」「旦那さんにも同じように平日の夜出かけてもらっては? 投稿者だけ自分の時間を作るのがずるい、みたいな気持ちがあるんじゃないでしょうか」といったアドバイスも寄せられていました。


フルタイムで働く主婦の6割以上が「習い事・勉強」を経験

「博報堂こそだて家族研究所」が2016年におこなったアンケートによると、フルタイムで働く主婦の63.4%が何かしらの「習い事・勉強」を経験していると判明。さらにフルタイムで働く主婦は、パートタイムや専業主婦の人より「習い事・勉強」をしている確率が高いことも明らかになっています。

また習い事や勉強をすることで、60.8%のお母さんが「息抜きできた・リフレッシュできた」と感じています。他にも「日常生活に役立った」「家族が喜んでくれた」「新しい友達ができた」「自分の成長につながった」といった意見が。習い事や勉強を自分のプラスにつなげているお母さんは多いようです。

仕事や家事、育児だけではどうしても息がつまってしまうもの。家族みんながきちんと納得したうえで、気持ちよく習い事ができるといいですよね。

文/藤江由美


関連記事:「自由に使える?使えない? 主婦が自分で稼いだお金の使い道とは」

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP