レンチン1回だけなのに本格味! ラクしておいしい「えび入り五目うま煮」

8月も終盤になり、秋が待ち遠しくなるこの季節。でもまだまだ暑い日は続くし、できればあまりキッチンに立ちたくない......。そんな時、調理に電子レンジを活用する人も多いと思います。でも電子レンジ調理といってもいろいろあって、いったん取り出してから混ぜて再び過熱したり、それ以外の工程が面倒だったり、「だったらもうフライパンでやるわ!」と言いたくなるものもありますよね。

そんな中で、『3分クッキング』9月号の特集「レンチン1回ででき上がり!電子レンジで王道おかず」に良さげなレシピを見つけました。その名も「えび入り五目うま煮」。中華というと少し大変そうなイメージを持つ人もいますが、これはレンチン1回でできると明記されているので安心!

海老は高たんぱく低カロリーで、しかも抗酸化作用のあるアスタキサンチンを含んでいます。夏に受けたダメージ修復のためにも、積極的に摂りたいですよね。そこで、早速作ってみることにしました。

えび入り五目うま煮_画像.jpg

うずら卵は仕上げに加えて予熱で温める
「えび入り五目うま煮」

材料(2人分)
むきえび............150g
(酒大さじ1 片栗粉小さじ1)
玉ねぎ...............1/2個(100g)
にんじん............1/3本(60g)
生椎茸...............3枚
合わせ調味料
 ・オイスターソース...大さじ2
 ・酒........................大さじ1と1/2
 ・砂糖、酢...............各大さじ1/2
 ・鶏ガラスープの素...小さじ1
 ・片栗粉..................小さじ2/3
うずら卵水煮......4~6個
酢.....................小さじ2
ごま油...............小さじ1

作り方
1.玉ねぎは6等分のくし形切りにし、1枚ずつはがす。にんじんは1~2mm厚さの半月切り、椎茸は軸を除いて半分に切る。えびは背に切り目を入れて背ワタを除き、酒、片栗粉をしっかりもみ込む。

2.耐熱の器に1を入れて混ぜ、合わせ調味料の材料をよく混ぜてかける。ふんわりとラップをして両端を1cmほどあけ、電子レンジ(600w)に6分~6分30秒かける。

3.とり出してラップをはずし、うずら卵、酢、ごま油を加えて全体を混ぜ、再びぴったりとラップをして1分ほどおく。

◇◇◇

片栗粉を先に混ぜると固まるのでは?という不安がありましたが、海老や玉ねぎなどの食材から水分が出るため、混ぜれば問題なくとろみのあるあんに仕上がりました。オイスターソースや海老、しいたけのうまみが効いていて絶品です。豚肉や白菜、ねぎをプラスするなどいろいろとアレンジもできそうなので、冷蔵庫にある食材を活用して作ってみるのもアリ。余り食材の消化レシピとしても役立ちそうです!

【まとめ読み】3分クッキングのレシピ記事リスト

調理・文/月乃雫

 
3分クッキング9月号(NTV版)表紙データ_w200px.jpg

『3分クッキング』9月号

困ったときはじゃが芋と玉ねぎで何とかする!

大特集は「困ったときはじゃが芋と玉ねぎで何とかする!」。いつも家に常備してあるじゃが芋と玉ねぎの調理バリエーションを徹底紹介します。肉や魚と組み合わせて、ホッとする定番も、意外な味わいも、和洋中も思いのまま。2大定番野菜の優秀さに改めて気づくはずです。
2特集は「電子レンジで王道おかず」。レンチン1回で、煮ものも照り焼きもから揚げもできてしまう、驚きのレシピをお届けします。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「しめじのオイル煮」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「オールドファッションドーナッツ」です。

※この記事は『3分クッキング9月号』からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP