きゅうりがメインおかずに! 「甘酢きゅうり」で作る「たこときゅうりの塩ガーリック炒め」

シャキシャキポリポリとした食感が魅力的なきゅうり。レタスやトマトなどと一緒にサラダとして食べることが多いですよね。きゅうりには塩分を排出してくれるカリウムやカルシウムを骨に定着させてくれるビタミンK、免疫力を高めてくれるビタミンCが含まれており、利尿作用もあってむくみ改善にも役立つ食材です。

でも、サラダ以外ではほとんど使わない...という人も多いのではないでしょうか。使っても、せいぜいお漬け物や酢の物くらい...。どこででも買えるなじみの食材なのに意外と使いこなせていない、きゅうりの存在。もっといろんな料理に使ってみたい...!

『3分クッキング』5月号の特集「おいしい保存法で 6大便利野菜 使いきりおかず」が、そんな願望を叶えてくれそうです。この特集は、使用頻度の高い便利野菜にひと手間加えて保存しておくことで、そのまま食べられるのはもちろん、調理がグッとラクになるというもの。ここにきゅうりの作り置きレシピ「甘酢きゅうり」を発見! 早速この「甘酢きゅうり」、これを使った「たこときゅうりの塩ガーリック炒め」を作ってみようと思います。

「甘酢きゅうり」

甘酢きゅうり_画像.JPG材料(作りやすい分量)
きゅうり 6本(600g)
(塩 小さじ1)
甘酢じょうゆ
 ・しょうゆ 大さじ1/2
 ・みりん 大さじ5
 ・砂糖 大さじ1
 ・酢 大さじ3

作り方
(1)きゅうりは縦半分に切り、皮側に2~3mm幅、3~4mm深さの浅い切り目を斜めに入れてから、一口大の斜め切りにする。

(2)甘酢じょうゆのみりんはラップをせずに電子レンジ(600W)に1分かけ、残りの材料と混ぜる。

(3)ポリ袋に(1)、塩を入れてふり混ぜ、(2)を加えて1~2時間おく。漬け汁ごと保存容器などで保存する。

完成したら、これを使って「たこときゅうりの塩ガーリック炒め」を作っていきます。使わない分は保存容器に入れて冷蔵庫で保存しておきましょう。

シンプルに炒めるだけでごちそうに
「たこときゅうりの塩ガーリック炒め」

たこときゅうりの塩ガーリック炒め_画像.JPG材料(4人分)
ゆでだこ(足)  250g~300g
甘酢きゅうり 200g
にんにくの粗みじん切り (小)2かけ分
塩 小さじ1/3~1/2
粗びき黒こしょう 少々
●ごま油

作り方
(1)たこは一口大に切る。

(2)フライパンにごま油大さじ2、にんにくを入れて火にかけ、香りが立ったらたこを加えてさっと炒める。

(3)甘酢きゅうりを加えてさっと炒め合わせ、塩、こしょうで味をととのえる。

◇◇◇

きゅうりもたこも、低カロリーで淡泊な味わいの食材ですが、にんにくとごま油でさっと炒めるだけで程よいボリューム感に! メインおかずとしてしっかり役目を果たしてくれる、おいしいおかずが完成しました。さっと炒めるだけなのできゅうりのポリポリ食感を損なわず、それでいて生とは違う独特の歯ざわりに! 余ったら作り置きにしようと思っていたのですが、おいしくてあっという間に完食してしまいました。

万能きゅうりを活用するので、塩もみしなくていいのも嬉しいですね。これから、きゅうりの使用頻度が増えそうです。

【まとめ読み】3分クッキングのレシピ記事リスト

調理・文/月乃雫

 
3分クッキング10月号表紙_200pxl

『3分クッキング』5月号

おいしい保存法で!「6大便利野菜」使いきりおかず

第1特集は「6大便利野菜使いきりおかず」。キャベツ、きゅうり、玉ねぎ、にんじん、なす、小松菜。おなじみ便利野菜をまとめ買いしたら、酢やみそなどで「味つき保存」してみて。そのまま調理できて味も決まりやすく、格段に使い勝手がアップします。甘酢きゅうり、玉ねぎのみそ漬け、ごまにんじんなど、それぞれの野菜に合った保存法と応用おかずのレシピをご提案。
第2特集は、具を炒めずに巻くだけでできる「おかず春巻き10選」。豚肉+キャベツ、えび+グリンピースなど旬の味をお届けします。好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「ソースそぼろ」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「ミルクセーキフロート」です。

※この記事は『3分クッキング5月号』からの抜粋です。
PAGE TOP