身近な人との良好な関係、続いていますか? 医師・鎌田實さんが考える「コロナ禍での心の健康の秘訣」

定期誌『毎日が発見』で好評連載中の、医師・作家の鎌田實さん「もっともっとおもしろく生きようよ」。今回のテーマは「身近な人との関係が良好だと、健康になれる!」です。

2104_P143_03_W500.jpg

コロナ対策で奮闘している皆さんへのメッセージを書きました。

人との距離をとることで、うつ病リスクが高まる

新型コロナウイルスの感染拡大のなかで、うつになる人や自殺者が増えています。

北里大学の研究によると、昨年7月からの第2波で、調査した約2700人のうち18・35%がうつ病であることがわかりました。

うつ症状の有症率は、パンデミック前の2~9倍に増加していました。

うつ症状や孤独感の有症率を研究しているアメリカのインディアナ大学の研究では、なんと3分の1の人にうつ症状が認められたといいます。

18~94歳の米国成人約1000人を対象にした調査です。

この研究で興味深いのは、メンタルヘルスのよりよい結果が得られたのは、対面による社会的つながりや性的つながりを維持している人。

リモートがいくら便利で、頻繁にリモートでつながったとしても、頻繁に対面している人ほど、うつ症状や孤独感を下げることはできませんでした。

やはり、メンタルヘルスにとっては、人と人との直接的なふれあいが重要ということです。

新型コロナの予防行動として、人との距離をとることや「ステイ・ホーム」が提唱されていますが、最近では、家族やいつも会っている人たちとともにいる「ステイ・ウィズ・コミュニティ」がよいという考え方も出てきています。

心を守るためにも、家族や身近な人とのかかわりの大切さに気付かされました。

心と体の健康にとって大切なこと

人間関係が健康に及ぼす影響についてお話しする前に、うつ病を防ぐには果物や野菜がいいという研究結果があるので、ちょっと紹介しましょう。

韓国の建国大学の論文では、野菜や果物摂取量が増加するにつれ、男性ではうつ病の有病率が6・4%から2・5%に、女性では11・4%から6・6%に減少したというのです。

果物と野菜をとると、うつ病が減るという根拠はこれから調査が必要ですが、果物や野菜をしっかり食べて、体を動かし、「貯筋」をすることは、心の健康にとっても、体の健康にとっても大切なことは言うまでもありません。

良好な人間関係が大事

支え合う相手がいることの影響は、心の健康だけに限りません。

アメリカの国立健康統計センター(NCHS)によると、結婚しているかどうかによって、心疾患の患者さんの予後に大きな差が生じています。

未婚の心疾患の患者さんが約4年後、心筋梗塞を起こしたり、心血管疾患で死亡したりする率が、結婚している心疾患の患者さんに比べて、52%高いことがわかりました。

ただし、ただ結婚していればいいというわけではなさそうです。

結婚の効果が、薬にも、毒にもなり得るということを、アメリカのブリガム・ヤング大学が調査しています。

この研究では、幸せな結婚生活を送っている人は、未婚者に比べ血圧が低いことがわかりました。

けれど、結婚生活がうまくいっていない人は、独身者よりも血圧が高いという結果になったのです。

大切なのは、結婚という形ではなく、信頼でき、支え合えるような人がいるかどうかです。

これまで、運動や禁煙、肥満の改善などが健康に与える影響は盛んに研究されてきました。

今後は、身近な人間関係が与える健康への影響についても注目していく必要があるでしょう。

夫婦は同じ生活習慣病になりやすい

もともとは他人同士だった夫婦も、長年、同じような生活習慣を続けているうちに、顔や体型が似てくるということがあります。

気付かないうちに、相手のしぐさや考え方をまねしていて、何となく、似た者夫婦になるのでしょう。

でも、病気まで似た者夫婦になるのは、いかがなものでしょうか。

実際、筑波大学の研究グループによると、夫婦は同じ病気になりやすいことがわかりました。

この研究では、40歳以上の約8万7000世帯を対象に、夫妻ともに同じ病気で治療を受けているか、夫婦ともにその病気になっていないかという「一致率」を調査。

すると、高血圧では73・2%、糖尿病と脂質異常症はともに86・5%と高い割合で一致していたのです。

これをどう考えたらよいのでしょうか。

例えば、妻が高血圧になったら、今、夫は高血圧ではないとしても、将来なるかもしれないと考えて、一緒に生活習慣を改善していくことが大切です。

仮に夫が糖尿病になったら、妻も生活を見直し、一緒に食事療法をしたり、ウォーキングをしたり、スクワットしたりすることで、夫の病気を改善するだけではなく、妻が糖尿病になることを未然に防ぐことができるということです。

縁あって、人生のパートナーになった二人。

心の面でも支え合うことができ、食事や運動などの生活習慣でも楽しんで継続しながら、お互いに健康を高め合えるような関係ができるといいですね。

「いい関係を」とは、言うは易しですが、身近な人との関係をよくして、「今ここ」を大切に生きていくことが、数年先の健康にもつながっていきます。

【カマタのこのごろ】

さだまさしさんとともに活動している「風に立つライオン基金」。

活動が評価され、たくさんの企業や個人から寄付をいただきました。

そこで、今も新型コロナ感染症で緊張の日々を過ごしている病院や介護施設、保健所のみなさんに「友情支援物資」を送りました。

「風に立つライオン放送局」も、YouTubeで発信しています。

ぜひ、ご覧いただき、応援していただけるとうれしいです。

2104_P143_01.jpg

「風に立つライオン基金」では、ライオンカフェ大作戦を展開中。My消毒液、マスク、手袋などの感染対策グッズや、コーヒー(写真下)、浅田飴などを「友情支援物資」として、陽性者やクラスターの対応をした57カ所の医療機関や施設、16カ所の保健所へ送りました。富山の介護や医療の専門家たちと、同じコーヒーを飲みながら、大雪の中クラスター対応をした人たちへエールを送りました。オンライン画面右側の上から4番目がさだまさしさん。2104_P143_02_W500.jpg

【まとめ読み】気づき満載! 鎌田實さんの記事リスト

 

<教えてくれた人>
鎌田 實(かまた・みのる)さん

1948年生まれ。医師、作家、諏訪中央病院名誉院長。チェルノブイリ、イラクへの医療支援、東日本大震災被災地支援などに取り組んでいる。『だまされない』(KADOKAWA)など著書多数。

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

2103-4furugi.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。 洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】 お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

 

■鎌田實先生の新刊

61OpIHlqSTL.jpg

『鎌田式「にもかかわらず」という生き方』

(鎌田 實/宝島社)

1,260円+税

■鎌田實先生の書籍

61OpIHlqSTL.jpg

『鎌田實の人生図書館』

(鎌田 實/マガジンハウス)

1,400円+税

61OpIHlqSTL.jpg

『それでも、幸せになれる 「価値大転換時代」の乗りこえ方』

(鎌田 實/清流出版)

新型コロナウイルスにより、人々や社会の価値観は大転換する。災害も含め苦難の多い時代、それでも、私たちは幸せになれる。コロナに負けない生き方、新しい幸福の形とは? 第2波、第3波、そして災害への心の準備は万全ですか?

■「認知症予防」をもっと詳しく知りたい人は!

81QzvVsK7xL123.jpg

「図解 鎌田實医師が実践している 認知症にならない29の習慣(朝日出版社)

今回、鎌田先生が紹介してくださった「認知症予防」が詳しく解説されている最新刊! 医学的に正しい認知症予防の方法が、豊富なビジュアルとともに紹介されています。
「速遅(はやおそ)歩き」「青魚、えごま油、高野豆腐を食べる」「新聞から4つの単語を選ぶ」など、無理なく日常生活で実践できる習慣がわかりやすく解説されています

■鎌田實先生の特集が一冊の電子書籍に!

shoei.jpg

「鎌田實式 若返り健康法」(『毎日が発見』健康ブック Kindle版)

定期誌『毎日が発見』の大人気特集が電子ブックになって登場!! 
「ぼくは67歳で筋トレを始めてから、人生が変わった!」と話し、ご自身を「スクワット伝道師」という鎌田實先生(71歳)の健康法を大公開。「スクワット」や「かかと落とし」など無理なくできる「筋トレ」の方法をはじめ、ゆで卵やジュースなどの「若返りごはん」レシピ、「心の若返り方」や、若々しい先生の「着こなしの極意」まで、盛りだくさん。保存版の一冊です!!

この記事は『毎日が発見』2021年4月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP