マスク生活になってからクマが気になる。ベースメイクでカラーコントロールすればエイジング対策に!

マスク生活が始まってメイクがしっくりいかない...。そう感じる人も増えたのではないでしょうか? 同じメイクでもマスクの色や形によって顔の印象は変わるものです。マスクメイクのスペシャリストざわちんの著書『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』(アスコム)より、マスク美人のメイク方やマスクメイクの基本、エイジング対策、スキンケアなどマスク時代のメイク術をご紹介します。

pixta_35570653_S.jpg

今まで一般的だったメイクの常識やルール
一度、すべて忘れてみませんか

エイジングのお悩みを抱えている皆さんは、メイクのトレンド変遷を知り尽くし、いろいろなメイクを試してきたと思います。

だからこそ、メイクのいろはも知っているはず。

でも、そのメイクのいろはが、実は壁になっているとしたら......。

アイブロウは骨格に沿って描く、チークは頬骨の一番高いところを中心にのせる。

今まで一般的に知られてきたそんなメイクの常識やルールは、マスクメイクでは当てはまらないことがあります。

マスク時代は、メイクも意識改革が必要。

メイクの常識やルールを忘れることが、マスク美人をつくる第一歩になるかもしれません。

【Before】

大人のマスクメイクBOOK-004-087b.jpg

【After】

大人のマスクメイクBOOK-004-087a.jpg

肌のくすみやクマが気になる人のおすすめベースメイク

透明感がなくなり肌がくすむようになった、代謝が落ちたからか目の下のクマが気になるという人は、ベースメイクでカバーしましょう。

といっても、ファンデーションを厚塗りしてカバーするのではなく、悩みの種類、箇所に合わせてコントロールカラーやコンシーラーを使い、肌を明るく均一に整えるのです。

このひと手間が、美しい肌感をつくるポイントになってきます。

【OK】イエロー系とオレンジ系のコントロールカラーで茶グマも青グマも撃退!

大人のマスクメイクBOOK-004-088.jpg

大人のマスクメイクBOOK-004-089a.jpg

1.クマをカバーするようにオレンジのコントロールカラーをオン

オレンジのコントロールカラーで、目の下のクマの部分、また目尻のきわをカバー。茶系のクマの人は、イエロー系のコントロールカラーを、青みの強いクマの人はオレンジ系を選ぶのがおすすめです。その上からリキッドコンシーラーを塗ると白浮きせず、きれいに仕上がります。

2.コンシーラーで影を消して肌を明るく見せる

目頭部分と目のくぼみ部分にイエロー系のコンシーラーをのせて影を消します。あえて彫りの深さを消すことで、肌のトーンが上がり、くすみのない明るい肌をつくることが可能。影がないので透明感も出てきます。

大人のマスクメイクBOOK-004-089d.jpg

【Point】ハイライトでさらにトーンアップ!

大人のマスクメイクBOOK-004-090.jpg

点線の部分にハイライトをのせることで、リフトアップ&トーンアップして見え、卵型の女性らしいフェイスラインを演出することができます。頬の中心にはチークをのせて。

【まとめ読み】『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』記事リストはこちら!

71UjKa4KnwL.jpg

マスク時代に合ったメイク術からスキンケアまで全4章にわたってマスク美人の作り方を解説してくれています。

 

ざわちん
マスクメイクを極めたマスクマイスター、目元メイクスペシャリスト/2014年に芸能人のものまねメイクで大ブレイクし、メイクの新分野を確立。現在、マスクメイクの指南や監修などの活動を行う。イメージキャラクターを務める「エアーシルクマスク」は、累積販売枚数100万枚を超える大ヒットを記録する。

shoei.jpg

『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』

(ざわちん/アスコム/2020年12月より発売中

ひと言でマスクといっても色や形はさまざまです。それなのにこれまで通りのメイクをしていて「エイジングが気になる」と悩んでいる人も増えているようです。芸能人のものまねメイクで大ブレイクしたマスクメイクのスペシャリストが時代にぴったりのメイク術を指南。マスクメイクの基本を細かいポイントと共にわかりやすく写真付きで公開してくれています。マスク生活に彩りを加えたい人にお勧めの一冊です。

※この記事は『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』(ざわちん/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP