手作りのフレッシュさが魅力です。「ゆずこしょう」の作り方

全国各地で栽培されている柑橘類の中で、最も寒さに強いのが「ゆず」です。皮、実ともにビタミンCが突出して豊富で、皮にはポリフェノールやリラックス効果のある香りの成分がたっぷり。お手頃値段でたくさん手に入るこの時期、ぜひ皮ごと加工して食卓を彩り、そして健康作りに役立ててください。今回は、管理栄養士で料理研究家の村上祥子さんに「ゆずこしょうの作り方」を教えていただきました。

人気のゆず調味料「ゆずこしょう」

2012_P039_02.jpg

小さじ1あたり3kcal/塩分0.1g

材料(できあがり100g分)
ゆずの皮(白いワタも付けて)...100g
※ゆずは二つに切って汁は搾る。
一味とうがらし...小さじ1/2
塩...小さじ1/2

2012_P039_03.jpg

作り方
① 皮に残ったじょうのう(果肉が入っている袋)は除き、白いワタ付きの皮を2cmほどの乱切りにする。

2012_P039_04.jpg

② フードプロセッサーに①を入れて滑らかになるまで回し、一味とうがらしと塩を加え、ペースト状になるまで回す。

2012_P039_05.jpg

③量が少なく滑らかにならないときは、搾り汁小さじ2を加えて回す。滑らかになったらできあがり。

2012_P039_06.jpg

Memo
・冷蔵で1年保存可能。
※保存容器は清潔で完全に乾いたものを使用する。

九州などゆずの産地の特産品が、いまでは全国区で人気の調味料に。

青ゆずと青とうがらしで作るものと、熟した黄ゆずと赤とうがらしで作るものがあります。

村上式ゆずこしょうは、旬の黄ゆずと一味とうがらしで作ります。

手作りはフレッシュさが魅力。

鍋やあえものだけでなく、そばやうどんといった麺類の引き立て役にもおすすめです。

「ちりめんのゆずおろしあえ」

2012_P039_01.jpg

1人分14kcal/塩分0.3g

材料(2人分)
ちりめんじゃこ...大さじ2
大根おろし(汁をきる)...50g
ゆずこしょう...小さじ1/2
もみのり...少々

作り方
大根おろしにゆずこしょうを混ぜ、ちりめんじゃこを加える。器に盛り、のりを散らす。

【まとめ読み】特集「ゆずで作る 保存食決定版!」記事リスト

取材・文/石井美佐 撮影/スタジオCOM(中野正景・江口 拓)

 

<教えてくれた人>

管理栄養士 料理研究家
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

shoei.jpg

『村上祥子のシニア料理教室』

(村上祥子/女子栄養大学出版部)

1,300円+税

月に一回開かれるシニア向け料理教室で人気のメニューが満載。「これならできる!」「食べやすい!」と生徒さんたちに大好評の130のレシピを公開しています。

この記事は『毎日が発見』2020年12月号に掲載の情報です。
PAGE TOP