練る必要なし! レンジで簡単「ゆずみそ」の作り方

全国各地で栽培されている柑橘類の中で、最も寒さに強いのが「ゆず」です。皮、実ともにビタミンCが突出して豊富で、皮にはポリフェノールやリラックス効果のある香りの成分がたっぷり。お手頃値段でたくさん手に入るこの時期、ぜひ皮ごと加工して食卓を彩り、そして健康作りに役立ててください。今回は、管理栄養士で料理研究家の村上祥子さんに「ゆずみその作り方」を教えていただきました。

冬の和食作りに便利「ゆずみそ」

ふろふき大根、みそおでん、田楽、野菜のあえものなど、冬の料理をおいしくしてくれます。生のゆずを使うと爽やかな香りがさらに引き立ちます。電子レンジ加熱なら練る必要もありません。

2012_P038_02.jpg

大さじ1あたり41kcal/塩分1.6g

材料(できあがり200g分)
西京みそ...100g
砂糖...100g
ゆずの皮のすりおろし...1個分
ゆずの搾り汁...大さじ4

2012_P038_03.jpg

作り方
① 耐熱ボウルに材料を全て入れ、泡立て器で混ぜる。

2012_P038_04.jpg

② ふんわりとラップをかけ、電子レンジ600Wで2分加熱する。

2012_P038_05.jpg

③ すぐに取り出して混ぜ、熱いうちにふた付き容器に移す。

2012_P038_06.jpg

Memo
・冷蔵で6カ月保存可能。
※保存容器は清潔で完全に乾いたものを使用する。

「ゆずみそ」を使ったアレンジレシピ「ごぼうのゆずみそサラダ」

2012_P038_01.jpg

1人分133kcal/塩分1.7g

材料(2人分)
ごぼう...100g
(A)塩...小さじ1/5
(A)砂糖...小さじ1
(A)酢...小さじ1
(A)サラダ油...小さじ1
木の芽...少々
(B)ゆずみそ...大さじ2
(B)マヨネーズ...大さじ1

作り方
① ごぼうは6cm長さの細切りにし、水の中でもみ洗いし、ざるに上げる。

② 熱湯でサッとゆでてざるに上げ、Aをまぶして冷ます。

③ ボウルにBを入れ、②を加えてあえたら器に盛る。あれば木の芽を散らす。

【まとめ読み】特集「ゆずで作る 保存食決定版!」記事リスト

取材・文/石井美佐 撮影/スタジオCOM(中野正景・江口 拓)

 

<教えてくれた人>

管理栄養士 料理研究家
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

shoei.jpg

『村上祥子のシニア料理教室』

(村上祥子/女子栄養大学出版部)

1,300円+税

月に一回開かれるシニア向け料理教室で人気のメニューが満載。「これならできる!」「食べやすい!」と生徒さんたちに大好評の130のレシピを公開しています。

この記事は『毎日が発見』2020年12月号に掲載の情報です。
PAGE TOP