主婦だった私の長年の憧れ。50歳を過ぎて「仕事帰りのひとり飲み」デビューした結果は...⁉

夫婦のこと、老親との関わり、子どもの成長、自身の体調の変化...50代はまだまだ悩みや迷いが多い年代ですよね。そんな50代こそ、大人の「ひとり時間」を充実させて自分らしく輝きませんか? 毎日が発見ネットの連載でもおなじみ、中道あんさんの著書『50代、もう一度「ひとり時間」』(三笠書房) より、「50代からの人生を心豊かに過ごすためのヒント」を連載形式でご紹介します。

pixta_17106251_S.jpg

家事を放棄してひとり飲み

「仕事帰りにひとり、一杯ひっかけて帰る」長年、主婦であった私の憧れでした。

ちょっと忙しかった日や、嫌なことがあった日には、「こんなとき、サクッと飲みに行けたら幸せだろうなぁ」と思うこともしばしば。

結婚をして、子どもができれば、ひとりの時間をゆっくり楽しむ機会はめっきり減ってしまいます。

ましてや主婦が、ひとりで飲みに行くなんて絶対に無理です。

加えて、私の若いころは、女性がひとりで飲みに行くことが今ほど一般的ではなかったので、結婚前もひとり飲みの経験はゼロ。

だから余計に憧れてしまったのかもしれません。

働いて独り立ちし、子どもも大きくなった今がチャンス!

仕事にも、おひとり様生活にも慣れたころ、50歳を過ぎてから、念願のひとり飲みデビューをしました。

ほろ苦いデビューを経て

お店は以前、友人と行ったイタリアンがおいしかったので、そこに決定。

ファッションにも気合いを入れて、いざ入店......したのはよかったのですが、なんだか居心地が悪い。

お洒落をして行くようなお店だとなかなかリラックスできなくて、ひとり飲み初心者には不向きだったようです。

結局、小一時間ほどでお店を出てしまい、ちょっと消化不良なひとり飲みデビューとなりました。

でも、一度体験してしまえば、怖いものはありません。

最初の教訓を生かして、もっと肩肘張らずに飲めるお店をチョイスし、その後も、休日のランチや仕事帰りにひとり飲みを楽しんでいます。

はじめて仕事帰りにふらっと立ち寄ったのは、焼き鳥屋さん。

焼き鳥は、いろいろな種類を、自分が食べられる量だけ注文できるから、おひとり様にぴったりなのです。

とにかく、家事から解放されて、自分が本当に食べたいもの、飲みたいお酒を堪能できるのがひとり飲みの醍醐味です。

まわりはあなたのことを見ていない

私がひとり飲みの話をすると、友だちからも、ブログの読者からも、「すごい!」と驚かれて、いろいろと聞かれます。

よく聞かれるのが「どんな店に行けばいいか」という質問。

ファミレスやセルフ式のカフェ以外は、ひとりで入れないという人も多いようです。

私は「ひとり飲みの達人」ではありませんが、経験者としてアドバイスすると、まずは行ったことのあるお店を選ぶほうが入りやすいでしょう。

家族や友人と何度か行ったことがある店なら、雰囲気やメニュー内容もわかっているから安心です。

店員さんと顔なじみなら、なおよいでしょう。

それから「人の目が気になる」という意見もよく聞きます。

たいてい、自分が気にしているほど、周囲の人はこちらを気にかけていないもの。

自分がまわりを気にしないことだと思います。

たとえば、窓際の席を選んで外の風景を見ながら楽しむとか、読書をしたりスマホでSNSをチェックしたり、何か別のことに集中すれば、まわりの目もあまり気にならなくなりますよ。

なにはともあれ、これだけ反響が多いということは、みんな「ひとり飲み」に興味があるってことですよね。

自分に合う店さえ見つかれば、楽しめると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。

それでも「やっぱり向いていない」と思えば、もうやらなければいいことですし......。

話のネタとして、気楽に試してみるとよいのではないでしょうか。

【まとめ読み】『50代、もう一度「ひとり時間」』記事リスト

715ifMwwNCL.jpg

アラフィフブロガーの、大人の「ひとり時間」を楽しむ心豊かな暮らしが綴られた一冊

 

中道あん(なかみち・あん)
Ameba公式トップブロガー。「アラフィフの生き方ブログ 50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。毎日の生活の風景や気づきを発信し、30代以降の女性の支持を受ける。 1963年、大阪府生まれ。26歳で結婚し、2男1女を授かる。結婚22年で夫と別居。 2019年2月「好きなことを仕事に」と正社員からフリーランスに転身。ブログ講座やコミュニティの運営を行っている。

shoei.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』

(中道あん/三笠書房)

50代は夫婦のこと、老親との関わり、子どもの成長、自身の体調の変化など、実はまだまだ悩みや迷いが多い年頃。大人気アラフィフブロガーの中道あんさんは、その中で「ひとり時間」の楽しみ方を見つけたそうです。自立し「ひとり時間」を楽しみに生きる「あんさん」流のアラフィフライフが、今後の生き方の参考になる一冊です。

※この記事は『50代、もう一度「ひとり時間」』(中道あん/三笠書房) からの抜粋です。
PAGE TOP