30代後半からの「なんだか幸せそう」の表現に。「ソフトピンクのチーク」のススメ

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-004-061a.jpg

ツヤが出るソフトピンクが大人のマストアイテム

「なんだか幸せそう」「なんだかいつも素敵」......。

言葉では表せないポジティブな幸せ感を表現できるのがチークだと思います。

最近は、チークレスがトレンドにもなっていますし、私もリップやアイカラーにポイントを置いたチークレスメイクを提案することもありますが、テレビに出演される女優の方のメイクやファッション撮影のときには、チークが欠かせません。

わかりやすいメイクではありませんが、全身で見たときのハッピー感や、いきいき感にかかわってくる、それが大人のチーク使いの鉄則です。

そのためのベースとして準備したいのが、ソフトピンクのチークです。

ピンク色の自然な上気感と明るいツヤが、メイク全体に幸せそうな雰囲気を加えてくれます。

ツヤ肌に見せたいなら、リキッドやクリームタイプか、パウダータイプならパール感のあるものを選びましょう。

下地とリキッドファンデでつくったツヤのある肌に、淡いピンクのチークがプラスされるだけで表情が明るく見え、肌を一層きれいに見せてくれるはずです。

プロおすすめのアイテム(写真)

メイクの現場でも登場することの多いのがこの3アイテム。

(上から)

・ザ ブラッシュ プリンセス ゴウ/アディクション

・ブラッシュ カラー インフュージョン 01/ローラ メルシエ

・ジェル ブラッシュ 02/ポール & ジョー ボーテ

【次のエピソードを読む】30代後半「ぼんやり顔」を明るく、シャープに。毎日のメイクに使える「ハイライト&シェーディング」アイテム

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

撮影/奥村恵子

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP