「化粧下地は肌につける下着です」アラフォー女性に知ってほしい「ベースメイクのポイント」

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-004-055.jpg

パール感、テカリ予防、潤い。下地は3つ揃えたい

化粧下地は肌につける下着です。

ファンデーションでは解消できない肌悩みも、下地だから叶えてくれるくらいに、大人のベースメイクにとってなくてはならない存在です。

下地を変えるだけで、ベースメイクの仕上がりを変えることもできるのです。

大人に必要なのは、パール感のあるもの、テカリを抑える効果のあるもの、潤いをチャージしてくれるものの3種類。

パール入り下地は、肌をツヤッと見せてくれるので、肌の調子が悪かったり、パーティーなどで華やかに見せたかったりするときに効果を発揮します。

テカリを抑えるタイプは1日メイク直しができないときなど、Tゾーンを中心になじませましょう。

「美容成分入り」などと表示されている潤いタイプは、基本の1本として。

また、秋冬などの乾燥が気になるシーズンにもおすすめです。

最近は、PM2・5や黄砂、ブルーライトなどが肌の老化にかかわっているとも言われています。

空気中のストレス物質から肌を守る下地もたくさんあるので、あわせて使い分けてみるのもおすすめです。

プロおすすめのアイテム(写真)

(右から)

・繊細なパール感で凹凸のない肌に整えてくれます。イルミネイティング セラムプライマー SPF20・PA++ 30ml/ジルスチュアート

・さらさら肌に仕上がる下地はメイク直しできない日に。ドラマティックスキンセンサーベース EX SPF 25・PA+++ 25ml/マキアージュ

・みずみずしいツヤ肌に仕上がるベーシックな下地。トリートメント セラム プライマー SPF15・PA+ 30g/SUQQU

【次のエピソードを読む】リキッドファンデは欠かせません。30代後半から意識したい「つや肌づくり」のポイント

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP