リキッドファンデは欠かせません。30代後半から意識したい「つや肌づくり」のポイント

年齢を重ねるにつれ変わってくるメイクの悩み。多くの女性誌で活躍する美肌メイクのプロ・佐々木貞江さんは、「30代後半から何を使うかがその先を決める」と言います。そこで、佐々木さんの著書『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(すばる舎)から、大人世代のキレイを決める「メイク術とアイテム」を毎日連載でお届けします。

141-004-057.jpg

大人のつや肌づくりに欠かせないのは、リキッドファンデ

ファンデーションは、下地でゼロに戻した肌にのせるヴェールです。

まだ薄いシミや、毛穴などはファンデーションで隠すことだって可能です。

大人のメイクにとって大切なのは、肌のツヤ、とお話ししてきましたが、それを踏まえて、ベーシックなファンデーションは、薄づきとツヤが両立するリキッドタイプを選びましょう。

リキッドだからといってマットなタイプは、ふだん使いにはあまりおすすめしません。

グロウ肌、ツヤ肌などと謳っているものを選びます。

手でなじませられるのも、リキッドファンデーションのメリットです。

スキンケアの続きの感覚で手でなじませれば、時間をかけずにベースメイクが完了します。

シミや目周りのクマなど、少し気になる部分にのみ重ね塗りすれば、美しいツヤ肌の完成です。

パウダーファンデーションは手軽ですが、パウダーという性質上、ツヤを吸収してしまいがち。

パクトタイプの手軽さがほしいなら、クッションタイプのファンデーションを選んでみるのもいいかもしれません。

プロおすすめのアイテム(写真)

(右から)

・ミネラル仕様なので肌が疲れているときにも。ベアミネラル CR ティンテッド ジェル クリーム SPF30・PA+++全7色/ベアミネラル

・伸びが良くて上品なツヤ肌に整うリキッド。ザ スキンケア ファンデーション SPF25・PA++ 30ml 全15色/アディクション

・重ねても厚ぼったくならずみずみずしい肌に。マイファンスィー アクアファンデーション PF25・PA++30ml 全10色/KohGen Do

【次のエピソードを読む】30代後半からの「なんだか幸せそう」の表現に。「ソフトピンクのチーク」のススメ

【最初から読む】美肌メイクのプロが教える「化粧下地」

【まとめ読み】「38歳からしたいメイク」記事リストはこちら!

81cWrf7NcCL.jpg

女優も支持するメイクのプロが薦めるアイテム。その他、色選びからスキンケア、メイク方法まで全6章で紹介しています

 

佐々木貞江(ささき・さだえ)
メイクアップアーティスト。1987年に大手サロンStudio V入社。ヘアメイクアップアーティストとして活動開始。その後、大手化粧品メーカー、Image、Perle managementを経て、広告やファッション・ビューティー誌を中心に活動する。大人の女性の魅力を存分に引き出すメイクは第一線で活躍する女優やモデルにも好評に。

shoei.jpg

『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』

(佐々木貞江/すばる舎)

しみやたるみなどエイジングサインが現れ始める30代後半。気になっている部分も、年齢に合わせた大人のメイクで、上手に解消することができます。女優も一押しの美肌メイクのプロが、その方法論や実際に使うアイテムなどをまとめた、大人のためのメイク教本です。

※この記事は『38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる』(佐々木貞江/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP