コスパのいいアイウェア!人気スタイリストが愛用する「コモノのサングラス」

安くていい洋服が欲しい!誰もが思うその願望を、人気スタイリスト・福田麻琴さんがアドバイス――今回は、福田さんの著書『コスパのいい服』(すばる舎)の中で紹介されている「品質&予算に大満足の10ブランド」と「手軽に楽しめるおしゃれ小物」を抜粋してお届け。気軽に買いものすることが難しくなった今だからこそ、本当に「コスパのいい服」を探してみて。

122-012-133.jpg

コモノのサングラス

[選ぶ理由]日本人の顔型に合う形で、来年も使いたいと思える!

スタイリストという職業柄、同世代の友人から、よくおしゃれについて相談をうけます。

夏を前に多いのが「サングラスを買うなら、どのブランドがいい?」というもの。

そんなとき、おすすめしているのがコモノ(KOMONO)というベルギーのブランド。

私自身も愛用しているブランドの一つで、ここ数年は、普段に、子どもとのお出かけに、旅行にと、とにかく出番が多いんです。

もっと安いものもたくさん売っていますが、身につけるとなれば、やっぱり素敵に見えるデザインがいいし、今年の夏だけ、ではなく、来年も再来年も使いたい。

3、4万円するのが当たり前になっているインポート(輸入)ブランドのなかで、コモノのサングラスは、高くても1万円ちょっと。

使い勝手から価格まで、大人の女性がサングラスに求める条件を、ちゃんと満たしてくれるブランドだと思います。

インポートですが、日本人の顔立ちにも難なく似合います。

最近、写真の黒サングラスようなフラットレンズのタイプを買い足しました。

顔の印象が、今っぽくシャープに映るところが気に入っています。

●KOMONO

2009年にベルギーで誕生し、アイウェアと腕時計をメインに、ユニセックスなアイテムを展開するコモノ。日本人の顔にフィットし、照れずに身につけられるものが充実。

122-012-134.jpg

「かけるのが恥ずかしい?いえいえ。目尻の小ジワ防止にもなりますよ(笑)」

トップス:SAINT JAMES パンツ:Plage バングル:HARPO 靴:MOHI

122-012-135.jpg

「服と色のトーンを合わせると、よりコーディネートがまとまります」

セットアップ:OUTERSUNSET インナー:MICA & DEAL ピアス:SYMPATHY OF SOUL ネックレス:hum リング:SYMPATHY OF SOUL バッグ:Sans Arcide

写真/須藤敬一(人物写真)・石澤義人(静物写真)

※2019年8月の発売時点情報です。掲載商品につきましては、売れ切れ、販売終了の可能性があります。

【次のエピソードを読む】「日本のものづくりの良さも感じられる」人気スタイリストが選ぶコスパのいい帽子「田中帽子店の麦わら帽子」

【最初から読む】人気スタイリストの「ユニクロ」コーデ術

あのブランドのおしゃれコーデを【まとめ読み】『コスパのいい服』記事リスト

H1-122-コスパのいい服.jpg

人気スタイリストが、買って損をしない50のアイテムを厳選。よく知るあのブランドの知られざる魅力も

 

福田麻琴(ふくだ・まこと)
1978年生まれ。スタイリスト。雑誌「LEE」の公式サイトでコラム「マコトのおしゃれゴト」を連載。Webマガジン「mi-mollet」の「春夏秋冬、おしゃれのハナシ」や自然派ママの情報サイト「hahaha!」では親子向けのアイテムを紹介している。著書に『38歳から着たい服』(すばる舎)『THE FRENCH STYLE BOOK』(KADOKAWA)がある。

shoei.jpg

『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』

(福田麻琴/すばる舎)

雑誌「LEE」などで活躍する人気スタイリストが、無印、ユニクロ、GAPなど誰もが知っているお店のアイテムから、10年後も使える名品まで、厳選した50のアイテムをセレクト。誰でもおしゃれに着こなせる90のコーディネートも教えてくれるので、普段のおしゃれの参考に。コスパ、よすぎます。

※この記事は『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』(福田麻琴/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP