これはお代わりが止められない!具材の組み合わせを楽しむ「無限豚汁」のススメ

家にこもる日々が続いて気が滅入る...それならちょっと気分を変えて、今夜は家でパーティーをしてみませんか?「準備、調理、洗い物がラクに。そして何より楽しい!」と、夜ごはんのパーティー化を提案するレシピ本『とにかく盛り上がる夜ごはん』(文響社)から、1品作れば気分が上がる簡単パーティーレシピをお届けします。

111-009-thm.jpg

新しい一汁一菜の形「無限豚汁」

豚汁って完璧ですよね。

でも唯一の弱点があるとすれば「ずっと同じ味」。

そこで、この無限豚汁です。

いろんな具材をお椀に入れればスープの味が変わります。

「次はコレ。次はコレとコレ......」と無限にアイデアが湧く楽しさ。

ちなみに長く煮てもおいしいように、豚バラ肉は一度熱湯にさらして、余計な脂を抜きます。

すると、肉くささが抜けてすっきりとしたスープになり、肉もやわらかいまま。

そしてめんどうな根菜ではなく、長ねぎとしいたけで作りやすくしました。

まさに、無限(インフィニティ)・ポーク・スープ!

111-009-108.jpg

材料(基本のかけ汁)
長ねぎ...1/2本
しいたけ...3枚
豚薄切り肉(バラ)...200g
水...6カップ
味噌...大さじ3
塩...小さじ1

作り方
①鍋(20cm)に湯を沸かす。豚肉を6cm長さに切って入れ、火を止めて1分おいて湯を捨てる。

②長ねぎは縦半分に切って斜め5mm幅の薄切り、しいたけは5mm幅の薄切りにする。

③鍋に水、味噌、塩を入れて中火にかけ、煮立ったら①②を入れ、弱火で5分煮る。具材をお椀に入れ、汁をかけていただく。

具材の一例(上写真)
レタス、ちくわ、長芋、ツナ缶、とろろ昆布、ミニトマト、水菜、天かす、粗びきこしょう、刻みごま、しょうが(チューブ)

今夜はラクして楽しもう!「とにかく盛り上がる夜ごはん」記事リストを見る

111-H1-moriagaruyorugohan.jpgみんなで食べたいホットプレート料理から食べ比べメニュー、インパクト大の巨大フードまで30種以上のレシピが詰まってます

 

小田真規子(おだ・まきこ)
料理研究家、栄養士。スタジオナッツを主宰し、レシピ開発やフードスタイリングのほか、中学校技術・家庭教科書の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。著書は100冊に上り、料理の基本とつくりおきおかずの本は、ベストセラーに。

 

仲島綾乃(なかじま・あやの)
デザイン事務所勤務を経て、2016年よりフリーランス。『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)をはじめ、書籍や雑誌のイラストレーション、デザインを中心に活動中。

 

谷綾子(たに・あやこ)
編集者。『料理のきほん練習帳』『失敗図鑑』(共に文響社)などを手掛ける。創刊した『こころのふしぎ なぜ? どうして?』(高橋書店)を含む楽しく学べるシリーズは、累計200万部を突破。

shoei.jpg

『とにかく盛り上がる夜ごはん』

(料理:小田真規子、絵:仲島綾乃、文:谷綾子/文響社)

第3回料理レシピ本大賞準大賞『一日がしあわせになる朝ごはん』のシリーズ第4弾。平日でも休日でも、みんなとでも1人でも、夜ごはんを「パーティー」にすると、実は料理も片付けもラクになる!ちゃんと作ると手間も時間もかかる「夜ごはん」に、劇的な新提案をするパーティーレシピ本です。

※この記事は『とにかく盛り上がる夜ごはん』(小田真規子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP