「いつもの肉豆腐」がトマトの酸味でこんなに変わるの⁉ トマト入り「牛肉豆腐」レシピ

緊急事態宣言が発令されて、もうすぐ2ヶ月。そろそろおかずのネタが尽きてきた...なんて人もいるのではないでしょうか。でも、ただでさえ外出できなくて日常がマンネリ化しがちなのに、料理まで同じでは...。

そんな時に作りたい、とっても美味しそうなレシピを発見しました。『3分クッキング』6月号の特集「豆腐×肉の大満足おかず」の中の1つ「牛肉豆腐」。この牛肉豆腐、トマトが入ってるんです。絶対おいしいやつ...!

トマトに含まれる、強い抗酸化作用を持つリコピンは、加熱することで吸収率がアップすることで知られています。また、牛肉には鉄分が豊富に含まれているので女性にとっては特に嬉しい食材です。これはぜひとも作ってみたい! ということで、早速試してみました。

IMG_0718.JPG

トマトの酸味で爽やかな味わいに
『牛肉豆腐』

材料(4人分)
絹ごし豆腐......2丁
牛肉(切り落とし)......250g
トマト......2個
万能ねぎ......50g
煮汁
・めんつゆ(3倍濃縮)......大さじ4
・水......1と1/2カップ
●油

作り方
① 豆腐は1丁ずつペーパータオルに包み、重石をして30分ほどおき、水きりをして縦半分、横6等分に切る。トマトは8等分のくし形に、万能ねぎは4~5㎝の長さに切る。

② フライパンに油大さじ1を熱し、牛肉を強めの中火で2分ほどほぐし炒め、いったんとり出す。

③ フライパンに油大さじ1を足して豆腐を並べ入れ、中火で2分ほど焼いて上下を返し、1分ほど焼いたらトマト、煮汁の材料を加え、牛肉も戻し入れて2分ほど煮る。万能ねぎを加え、しんなりしたら火を止める。

☆豆腐は焼き色がつくまでさわらず、上下を返して同様に焼くと煮くずれしにくい。


普通の肉豆腐にトマトをプラスするだけですが、酸味がプラスされることで驚くほど違った味わいに。

これから暑くなってくるので、こうしたさっぱりいただけるアレンジは嬉しいですよね!

赤色が加わるので、見た目もいろどり豊かになって良いこと尽くしです。

いつものおかずに飽きてきた...という人は、ぜひチャレンジしてみてください。

調理・文/水音(月乃雫)

 
NTV_本冊_H1+.jpg

『3分クッキング』6月号

「豆腐と肉」をあわせて、大満足おかず!

たくさん食べても体が軽く感じる「豆腐×肉」のおかずを大特集。いつもの木綿豆腐と絹ごし豆腐を使って、少しの肉でも大満足のおかずが完成します。おなじみ麻婆豆腐、肉豆腐、チャンプルーはいろいろなアレンジで味に変化をつけて。ほか、ひき肉と混ぜてふんわりだんごにしたり、豚肉とあわせてしっかり味に仕上げたり、おすすめの豆腐クリームでグラタンにしたりと、豊富なバリエーションをお楽しみください。

好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「半つぶし塩じゃが」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「かぼちゃ白玉」をお届けします。

※この記事は『3分クッキング6月号』からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP