あなたは「水の風味」を感じられますか? ストレスがなくなる「水生活」のススメ

日々の暮らしや仕事でイライラ...それ、消したいと思いませんか? そこで、「行動の習慣化でストレスは消せる」という医学博士・矢作直樹さんの著書『あらゆるストレスが消えていく50の神習慣』(ワニブックス)から、心が穏やかになる「日々の暮らしの方」のヒントをお届けします。

神の習慣(3).jpg

自動販売機では水を買う

日本には至るところに自動販売機があります。

海外ではあまり見かけませんので、これも治安が良い証明の一つです。

また、いつも売り切れがないように補充されていることに、感心してしまいます。

夏はコールドで、冬はホットの飲み物が、いろいろ取り揃えてありますが、私が買うものは夏でも冬でも水です。

よほど寒いときには温かいお茶を買いますが、冬にはホットのお湯、つまり白湯(さゆ)が売っていればいいなと思います。

私が主に水を買うというと、何かとてもストイックに見えるかもしれません。

でも、その理由はとても単純で、「水が美味しい」と思うからです。

また、のどの渇きには一番水が効ききますね。

食事のときも、水だと料理の味の邪魔をしません。

ランニングの後の水は最高です。

やはり、人間の体の七割は水分ですから、水分の補給には水が一番です。

スポーツの後にすぐビールを飲む人もいますが、まずは一杯の水を先に飲むことをおすすめします。

でも、カフェで一服というときは、私はよくココアを頼みます。

こちらは水分の補給というより、嗜好品として、楽しみます。

ココアが好きなのは、趣味の山と関係しています。

山へ入るときは、荷物を極力少なくすることが鉄則です。

特に学生時代は長く山へ入っていたので、食料は極力軽いものにしていました。

いろいろ試した結果、オートミールとココアが定番になりました。

その二種類は乾燥状態で持ち運べて、食べるときは雪を溶かした鍋に入れるだけです。

ですから、朝と夜、ほとんどそればかり食べて、飲んでいたのです。

また、自転車で長く移動するときも、途中で食事はしませんでした。

やはり、胃に食べ物が入ると、身体が重くなるからです。

ですから、小腹が空いたときは、ボトルに入れたココアを飲んでいました。

ココアを飲むと、水分と糖分と両方を一度に補給できます。

そんな原体験があるので、ココアを楽しむことも多いのです。

このように、単純に水分補給のためか、嗜好品として楽しむためか、その目的によって飲むものは変わってきます。

私があまりおすすめしないのは、目的もなく、なんとなくだらだらと飲むことです。

特に、自動販売機で缶コーヒーや甘い炭酸飲料水などを気軽に買って、一日二~三本飲んでいたら、それだけで糖分オーバーです。

「コーヒーを飲むと仕事のストレスが軽減される」

「炭酸水を飲むとイライラもスカッと飛んでいく」

という方もいるかもしれません。

一切飲まないほうがいいとは言いませんが、自動販売機で甘い飲み物を買う習慣がある人は、健康のためにも、少し控えたほうがいいでしょう。

水が美味しいと思えるのは、幸せです。

ときどき、「私はあまり水を飲みません。どうせ飲むなら、コーヒーとかコーラとかビールとか味があるほうがいいじゃないですか」という人もいますが、水にもしっかり風味があります。

その風味がわからなくなるほど、現代人は感覚が鈍くなっているのかもしれません。

心の問題を解決するときに、「日頃から五感を大切に使いましょう」と私はアドバイスしています。

水の味覚を感じるほど、五感を研ぎ澄ますことができたなら、心も少し軽やかになっている証かもしれません。

ストレスが自然と消えていく「50の神習慣」記事リストはこちら!

091-H1-kamishukan.jpg東京大学名誉教授で医学博士の著者が厳選した、ストレスフリーになれる「50の行動」が提案されています
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

矢作直樹(やはぎ・なおき)
1956年、神奈川県出身。東京大学名誉教授、医学博士。1981年、金沢大学医学部卒業。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および同大学工学部精密機械工学科教授。2001年、東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および同大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長。2016年3月に任期満了退任。続編となる『「死」が怖くなくなる50の神思考』が2020年3月14日に発売。詳しくは「矢作直樹公式サイト」で!

091-H1-kamishukan.jpg

あらゆるストレスが消えていく50の神習慣

(矢作直樹/ワニブックス)
行動が変われば、心も変わる!ほんのちょっとだけ日々の行動を変えてみると、心が穏やかになってストレスフリーに。紹介されている「50の習慣」は、少し意識すれば誰でも簡単にできること。なんだかいつもイライラしてしまう人は、この本を読む習慣から始めてみては?

※この記事は『あらゆるストレスが消えていく50の神習慣』(矢作直樹/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP