「もたない暮らし」で人気のブロガーが伝えたい「無料のものをもらわない勇気」

「家の片づけを始めても、なぜかなかなか進まない」と思うことってありますよね? そんな悩みを10年以上前からブログでつづったことで、モノに囲まれた暮らしから「もたない暮らし」に変えた人気ブロガーのriamo*さん。そんなriamo*さんの著書『「もたない暮らし」の始め方』(すばる舎)から、誰でもすぐに試せる「片づけ上手になる工夫」をお届けします。

093-012-113.jpg

ノベルティやポイントカードがたくさん

一度はキレイさっぱりと片づけたはずなのに、月日が経つといつの間にか、じわじわとモノが増えてくること、誰でもご経験あるのではないでしょうか?

その原因を作るのは「無料(タダ)のもの」。

無料なものほど、驚くほど簡単に家の中に溜まっていきます。

◯◯円以上買ったら、ノベルティプレゼント。

買い物の予定はないのに、ノベルティ欲しさで、つい必要以上の買い物をしてしまう。

ペットボトルのおまけが付いている方を選んでしまう。

本当は、おまけが欲しいのではなくて、何かが付いていた方が、ちょっと得した気分になるから。

雑誌は、付録がついている方がうれしい......。

お得や、おまけに弱いのもわかります。

でも、そっちの方を選んでしまったら、いつまで経っても部屋が片づくことはありません。

誰だって、損はしたくない。

だけど、一瞬のお得につられて、家の中に溜まっていくモノたちは、ずーっと居座り続けて、家の中からなかなか出て行ってはくれません。

お店に行っても、「ポイントカードお作りしましょうか?」という店員さんの丁寧な言葉がけに、再訪予定がなくても「はい、お願いします」と断れずにいました。

たががカード1枚のこと。

気持ちよく作ってもらった方が......と思っていたけれど、結局使うことのないポイントカードが、いつまでもお財布の中に入っていることに。

年末の粗品のカレンダーも景品のマグカップも、無料だからともらっていては、すぐにモノを増やしてしまいます。

クリーニングの針金ハンガーも、使わなければゴミです。

「ありがとう。でもいりません」と言う勇気を

「ありがとう。それ、いりません」と少しの勇気を持って、お断りすることにしました。

たまに「いりません」と言うと、え?いらないの?と見られることがあるけれど、景品をみんなが喜んでもらうとも限りません。

その分をちょっと値引きしてもらえた方がうれしいと思うのは、私だけではないはずです。

コンビニでもらう割り箸やスプーン、お手拭き。

断るつもりでいても、袋の中に入れてくれていることが......。

使えばなくなるものだけど、使うことなく、キッチンの引き出しに入ったままになっていませんか?

わが家もよく、キッチンの引き出しを片づけると、カピカピに乾いたお手拭きがどこからともなく出てきました。

なんとなく捨てられずに置いておいたお手拭きは、結局使われることもなく、捨てられる。プラスチックのスプーンだって、家にいれば、なかなか出番はやってこないもの。

使わないなら、すぐに捨てればいいものを、いったん引き出しに入れてしまうから厄介なのです。

「もらわない」「すぐに使って捨てる」を心がけています。

ものごとを、損か得かの損得勘定で考えるのは、モノを増やす原因になります。

得と感じるものでも、それが本当に得になるのか、今一度考える必要があります。

結局、まわりにまわって、片づけられない部屋となる「大きな損」が出ていることに、早く気がつかなくてはいけません。

イラスト:ナカイミナ

いつでも5分で片付く家になる「もたない暮らし」記事リストはこちら!

093-H1-motanaikurashi+.jpg月間100万PVを長期達成している人気ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」のブロガーが手掛けた初著書
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

riamo*(りあも)

神戸市在住。ライブドアブログ公式ブロガー。ブログ「やさしい時間と、もたない暮らし」は長期にわたり月間100万PVを達成。毎日の暮らしをちょっぴり豊かにするもの選びや余計なものを持たない暮らしなどをつづり、多くのファンから愛されている。

093-H1-motanaikurashi++.jpg『「もたない暮らし」の始め方』

(riamo*/すばる舎)

人気ブロガーによる初の全ページ書き下ろし著書! 家の掃除や片づけが誰でもラクになる「もたない暮らし」。その始め方から、モノを減らした後の掃除術まで、丁寧に教えてくれます。そもそも家の中をスッキリさせれば、収納テクニックがいらなくなります。

※この記事は『「もたない暮らし」の始め方』(riamo*/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP