上限は1500円。40代人気エッセイストの「感謝を伝えるプチギフト」

毎日忙しくて「暮らし」や「自分」が後まわしになっている...どこかで整え直したいと思っていても、なかなかできませんよね。でも、「今」も大事ですが、そろそろ「先」のことも考えていきたいところ。そこで、暮らしのエッセイスト・柳沢小実さんの著書『これからの暮らし計画』(大和書房)から、これからの人生を見据えた「暮らしと自分を整える方法」について連載形式でお届けします。

088-005-078++.jpg

感謝したい人へプチギフトを

背筋を伸ばして「ありがとう」と伝えたいときは、プチギフトを送ります。

ときには気持ちを形にするのも必要だと思うから。

もちろん高価なものではなくて、シーンに合わせて500円、1000円、1500円のギフトリストを持っていると、いざというときに心強いです。

私は食べものや、自分では意外と買わないプチ贅沢品を贈ります。

万策尽きたらミニブーケ。

お花は確実に喜んでもらえます。

ちなみに、箸置きとピローミスト、パッケージがかわいいおやつもいつも好評です。

贈るときは、その人になりきって、どんなものが好きか、どんなものを必要としているか想像します。

でも、考えすぎると失敗するのが怖くなって身動きが取れなくなるから、あげたいものをえいやっと選ぶ決断力も大事です。

たとえば、自分がギフトをもらうときに、「あなたのことを考えて選んだの」と言ってもらえたら、どんなものでも嬉しいですよね。

だから、あくまでも気持ちを伝えることを優先しています。

●Point「プチギフトの予算について」

プチギフトは、「相手がお返しを考えなくていい金額」がスマートです。

たとえば2000円以上のものをいただいてしまうと、私は何らかの形でお返しをしなきゃと考えます。

だから自分が差し上げるときは、相手の年齢や立場にもよりますが、1500円くらいを上限にしています。

【食卓を彩る箸置き】088-005-079-a++.jpg

あると嬉しい箸置きは、お手頃価格で必ず喜んでいただける、手堅いギフト。小さいものだから、かわいいモチーフを選んでいます。

【睡眠を健やかに】088-005-079-b++.jpg

バンフォードのオーガニックピローミストは、私も愛用。いい香りとシンプルなデザイン、1500円というお値段もパーフェクトです。

【話が広がりそうなお菓子】088-005-079-c++.jpg

ワンコイン以下のギフトは、場が盛り上がるものを。新宿をテーマにした少女マンガ和菓子ブランド「新宿女王製菓」はいかが。

【美しい、かわいいパッケージ】088-005-079-d++.jpg

ルル メリーは日本のチョコレートブランド・メリーチョコレートの新ブランド。美しいパッケージでギフト向け。サブレは378円。

5年後の不安が楽しみになる「これからの暮らし計画」記事リストはこちら!

088-H1-korekaranokurashi.jpg著書累計36万部のエッセイスト・柳沢小実さんが、食、雑貨、健康、ネットツールと多岐に渡って「暮らし計画」を教えてくれます
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

柳沢小実(やなぎさわ・このみ)

1975年、東京都出身。エッセイスト、整理収納アドバイザー。日本大学芸術学部写真学科卒業。確かなもの選びの眼に定評があり、フェリシモで商品開発なども手掛ける。暮らしや台湾にまつわる著書は30冊以上にも及び、近刊に『40歳からの暮らし替え』(大和書房)、『ラクして整う住まい考』(KADOKAWA)がある。

shoei.jpg

『これからの暮らし計画~今を満たして、明日に備える工夫』

(柳沢小実/大和書房)

今日1日だけでなく、もう少し先を見据えて暮らしを見つめてみませんか? 料理が俄然ラクになった電鍋の話、装いを彩ってくれるアイテム、小さな旅、アジアの器、取り入れている健康習慣などなど、著書累計36万部の暮らしのエッセイストが、暮らしと自分を整えなおす「暮らし計画」について教えてくれます。

※この記事は『これからの暮らし計画~今を満たして、明日に備える工夫』(柳沢小実/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP