あのボリューム感を自宅で! ボウルなしでパティが作れる「ハンバーガー」レシピ

何となく適当になりがちな「昼ごはん」。でも、ちょっとだけ「冒険」すれば、料理の時間が楽しくなって、しかもおいしいひとときが過ごせるんです。そこで、料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞作のシリーズ第3弾『休日が楽しみになる昼ごはん』(小田真規子、谷 綾子/文響社)から、時間に余裕のある休日の昼ごはんを、「一工夫でおいしく楽しく変えられるレシピ」を連載形式でお届けします。

071-008-09678.jpg

ボウルなしでパティが作れる 解放ハンバーガー

ひき肉をこねたあとのボウルって、脂がついて、洗うのがめんどくさいですよね。

でも、このハンバーガー、ひき肉のパックでパティが作れるので、ボウルは使いません。

フォークとペーパータオルを駆使するので、手もほとんど汚れません。

「しっかりこねなくてもいいの?」と思うかもしれませんが、逆に、それがいいんです。

肉の不ぞろいなごろごろ感とジューシー感が現れて「肉」をとことん感じられるパティになります。

さあ、ここはお家です。

遠慮しないで、大口でガブリと頬張って。

無駄な洗い物からも解放。

閉じていた気分も解放。

午後からの自分を解放的にしてくれる昼ごはんです。

材料(2個分)
A
・牛ひき肉...300g 
・小麦粉...大さじ1と1/2
・塩、粗びきこしょう...各小さじ1/3
サラダ油...小さじ1
B
・ケチャップ...大さじ2
・中濃ソース・粒マスタード...各小さじ1
トマト(1㎝厚さの輪切り)...2枚
玉ねぎ(薄切り)... 30g
大きめの丸パン...2個

作り方
1.下の方法でパティを作る。
・ひき肉のパックにA を入れ、フォークで1分混ぜて、2等分にする。
・1つずつペーパータオルの上にあけ、直径10~12cm の円形にする。

2.フライパン( 26㎝)に油を30秒中火で熱し、パティを入れ、4~5分、返して4~5分焼く。

3.パンは厚みを半分に切り、軽くトーストする。

4.パンにパティをのせ、Bのソースを適宜かけ、トマト・玉ねぎをのせてサンドする。

「ベーコンレタスハンバーガー」

071-008-097-123.jpg

レタスのシャキシャキと、ベーコンの燻製感が、お店っぽさをさらに高める。

「食パンバーガー」

071-008-097-2345.jpg

丸パンもバンズも手に入らない。そんなときはこれ。食パンの甘みで肉がさらにおいしく。

料理で冒険しませんか?『休日が楽しみになる昼ごはん』記事リストはこちら!

071-H1-kyuzituhirugohan.jpgレシピは、麺、米、パンをテーマにしたものから、ワンプレート、鍋、サラダまで。昼ごはんを作るのが楽しくなるレシピ集です

 

小田真規子(おだ・まきこ)

料理研究家、栄養士。レシピ開発やフードスタイリングのほか、学校教育の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。「誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい料理」をテーマに著書は100冊以上。「オレンジページ」「エッセ」、NHK「あさイチ」では定期的にコーナーを担当。本書の第1弾『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)は2016年料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞。

shoei.jpg

『休日が楽しみになる昼ごはん』

(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)

毎週休日が来るたびに、「昼ごはん、何を作ろう・・・」と悩んでいるなら、料理で新しい「冒険」に出てみませんか? 週休2日なら年間約120日もの休日が冒険の日々に変わります。何気にない休日もおいしく楽しい思い出の時間に。家でできる小さな冒険のヒントをくれるレシピ本です。

※この記事は『休日が楽しみになる昼ごはん』(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP