押し寄せる「ごま感」!! 市販のごまだれだけでOK「ごまごま担々麺」レシピ

何となく適当になりがちな「昼ごはん」。でも、ちょっとだけ「冒険」すれば、料理の時間が楽しくなって、しかもおいしいひとときが過ごせるんです。そこで、料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞作のシリーズ第3弾『休日が楽しみになる昼ごはん』(小田真規子、谷 綾子/文響社)から、時間に余裕のある休日の昼ごはんを、「一工夫でおいしく楽しく変えられるレシピ」を連載形式でお届けします。

071-003-026.jpg

「ごまだれ」だけで味付けできるごまごま担々麺

担々麺の魅力は、何といっても押し寄せるごま感ですよね。

この「う~ん、ごま!」って感じのごま感、市販の「しゃぶしゃぶ用のごまだれ」で出せるんです。

「そんなもので、ごま感が出せるの?」大丈夫。

ごまだれでひき肉をしっかり炒めると、肉の脂がこんがり焦げて、濃いごま味になるんです。

あ、ちょっとこまごまとごまごま言いすぎですよね。

すみません。

ごま。


材料(1人分)
中華麺(生)...1玉
もやし...50g
ニラ(4cm長さに切る)...30g
A
・豚ひき肉...60g
・ごまだれ...大さじ2
B
・水...1と1/2カップ
・ごまだれ...大さじ3~4
・ラー油...小さじ1/2

作り方
1.もやしはひげ根と先を取る。

2.鍋にAを入れて混ぜ、中火にかける。箸4本を使ってポロポロになるまで炒る。

3.2を取り出し、鍋にBを入れる。中火にかけ、煮立ったらもやし・ニラを加えてひと煮する。

4.中華麺はたっぷりの熱湯で表示より固めにゆで、汁気をきって器に盛る。

5.3のつゆを麺にかけ、のそぼろをのせる。あれば長ねぎのみじん切りを散らす。


残った調味料 再雇用!

冷蔵庫に残ってしまった、市販の合わせ調味料。

ごまだれ以外にも結構ありますよね。

思い切って捨てる? いやいや、彼らはまだやれる。

せっかくなので、スープに再雇用しちゃいましょう。

担々麺のスープの味替えにも使えますよ。


スパイシースープ
肉が入っていないのに肉っぽい。気づいたら飲み干してしまう罪な味。

・めんつゆ(2倍希釈)......大さじ2
・焼き肉のたれ......大さじ3
*そぼろを作るなら、焼き肉のたれ大さじ2で味付け
300mlの熱湯を注ぐ


さっぱりごまスープ
まろやかな酸味のさわやかスープ。あとから追いかけてくるごまのコク。

・ごまドレッシング......大さじ2
・味つけポン酢......大さじ1
*そぼろを作るなら、ごまドレッシング大さじ2で味付け
300mlの熱湯を注ぐ


ゆず風味スープ
ゆずこしょうの香りがふわっと鼻に残る。冬に飲みたいスープ。

・ゆずこしょう......小さじ1
・めんつゆ(2倍希釈)......大さじ2
*そぼろを作るなら、めんつゆ大さじ1で味付け
300mlの熱湯を注ぐ


料理で冒険しませんか?『休日が楽しみになる昼ごはん』記事リストはこちら!

071-H1-kyuzituhirugohan.jpgレシピは、麺、米、パンをテーマにしたものから、ワンプレート、鍋、サラダまで。昼ごはんを作るのが楽しくなるレシピ集です

 

小田真規子(おだ・まきこ)

料理研究家、栄養士。レシピ開発やフードスタイリングのほか、学校教育の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。「誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい料理」をテーマに著書は100冊以上。「オレンジページ」「エッセ」、NHK「あさイチ」では定期的にコーナーを担当。本書の第1弾『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)は2016年料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞。

shoei.jpg

『休日が楽しみになる昼ごはん』

(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)

毎週休日が来るたびに、「昼ごはん、何を作ろう・・・」と悩んでいるなら、料理で新しい「冒険」に出てみませんか? 週休2日なら年間約120日もの休日が冒険の日々に変わります。何気にない休日もおいしく楽しい思い出の時間に。家でできる小さな冒険のヒントをくれるレシピ本です。

※この記事は『休日が楽しみになる昼ごはん』(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP