休日のブランチに♪ フライパンで煮る「11時のクリームパスタ」レシピ

何となく適当になりがちな「昼ごはん」。でも、ちょっとだけ「冒険」すれば、料理の時間が楽しくなって、しかもおいしいひとときが過ごせるんです。そこで、料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞作のシリーズ第3弾『休日が楽しみになる昼ごはん』(小田真規子、谷 綾子/文響社)から、時間に余裕のある休日の昼ごはんを、「一工夫でおいしく楽しく変えられるレシピ」を連載形式でお届けします。

071-004-032.jpg

「たっぷりのお湯」からの卒業。11時のクリームパスタ

お休みの前日は、目覚まし時計なんてかけないで、眠れるだけ眠りたい。

そんな翌日、目が覚めたのは11時。

朝と昼の中間の、気持ちいい空腹には、重すぎず軽すぎない、パスタがぴったりはまります。

でもパスタでめんどうな「たっぷりのお湯」は沸かさなくていい。

その代わり、フライパンで「煮る」のです。

煮汁=ゆで汁なので、余計な水分を吸うことなく、食感もつるつるのアルデンテに仕上がります。

ちょっと遅めの「おはよう」がしあわせ。

そんなブランチに。

材料(1人分)
スパゲティ...100g......(1・6㎜/9分ゆで)
玉ねぎ(薄切り)......1/2個
ミックスチーズ......50g
A
・水......1と1/2カップ
・オリーブ油......小さじ1
・塩......小さじ1/2
B
・ソーセージ(斜め5㎜幅に切る)......3本
・牛乳......1/2カップ
・こしょう......適宜

作り方
.スパゲティは半分に折る。

2.フライパン(26cm)に玉ねぎ・スパゲティ・チーズを順に入れる。Aを全体にかける。

フタをして中火にかけ、煮立ったら、そのまま8分煮る。

フタを取り、Bを加えて、ほぐしながら全体に絡むまで3~4分火を通す。

わがままオーダー応えます!

自分の食べたい味を追求する。それがマダム!

上のパスタをちょっと変えてマダムのわがままに応えるのだ!

「トマトソースはないの?」

Bの牛乳を、トマトジュース1/2カップに変えればすぐにできます。

あっさりめのトマトパスタでよろしいでしょうか?

「やっぱり~カルボナーラがいいわ~」

卵1個と粗びきこしょうを加えればすぐにできます。

コクを出したければ卵黄だけにいたしますが、いかがいたしましょう?

「気が変わった、スープパスタはないの?」

Bの牛乳を1カップに増やし、水1/2カップと塩小さじ1/3を加えます。

最後の煮込みは2分にし、水分を飛ばさないようにすれば、クリーミーなスープが......。

「ちょっと~!もっとヘルシーにしなさいよっ」
Bの牛乳を豆乳(無調整)1/2カップに変えて、最後の煮込み時間を2分にすれば、豆乳が分離せずにすみます。

お客様、いかがでしょうか?

料理で冒険しませんか?『休日が楽しみになる昼ごはん』記事リストはこちら!

071-H1-kyuzituhirugohan.jpgレシピは、麺、米、パンをテーマにしたものから、ワンプレート、鍋、サラダまで。昼ごはんを作るのが楽しくなるレシピ集です

 

小田真規子(おだ・まきこ)

料理研究家、栄養士。レシピ開発やフードスタイリングのほか、学校教育の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。「誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい料理」をテーマに著書は100冊以上。「オレンジページ」「エッセ」、NHK「あさイチ」では定期的にコーナーを担当。本書の第1弾『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)は2016年料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞。

shoei.jpg

『休日が楽しみになる昼ごはん』

(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)

毎週休日が来るたびに、「昼ごはん、何を作ろう・・・」と悩んでいるなら、料理で新しい「冒険」に出てみませんか? 週休2日なら年間約120日もの休日が冒険の日々に変わります。何気にない休日もおいしく楽しい思い出の時間に。家でできる小さな冒険のヒントをくれるレシピ本です。

※この記事は『休日が楽しみになる昼ごはん』(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP