「お湯を注ぐだけでお味噌汁」のスグレモノ♪「みそ玉」レシピ

どんなに離れて暮らしていても、気になってしまうのが「親の健康」。その気持ち、作って送れば、保存しておける「親つく」料理でカタチにしてみませんか? 今回は、そんな「親つく」を20年余り実践してきた料理研究家・林幸子さんの著書『介護じゃないけど、やっぱり心配だから 親に作って届けたい、つくりおき』から、親子の心もつなぐレシピと作り方のコツを連載形式で紹介します。

080-004-052.jpg

「基本のみそ玉」

好みのみそと粉がつおを練り混ぜて、具を加えて小さな茶巾包みに。

お湯を注いで混ぜたら、おみそ汁!

うちの味のみそ玉は小さいけれど、大きないやしをもたらすスグレものです。

材料(5~6杯分)
みそベース(1単位:みそ......大さじ4、粉がつお......大さじ1)
塩蔵わかめ......10~15g
長ねぎ......10cm

作り方
1.ボウルにみそと粉がつおを入れ、ゴムベラでよく練り混ぜ、みそベースを作る。

080-004-053-1.jpg

2.塩蔵わかめは洗ってすぐに水気をしぼり、幅5mm~1cmに切る。長ねぎは縦八つ割りにし、端から幅5mm~1cmに切る。

080-004-053-2.jpg

3.ボウルに12を入れて合わせ、練り混ぜる。

080-004-053-3.jpg

4.6等分に分けてラップで茶巾にしぼって包む。

080-004-053-4.jpg

5.ビニタイなどで結んで閉じて保存容器に入れる。

080-004-053-5.jpg


容器
・ラップ茶巾包み+保存容器

保存
・冷蔵庫で保存する

賞味期限
・冷蔵で約2週間


料理で親の健康をフォローできる『親つく』記事リストはこちら!

080-syoei-oyatsuku.jpgメインおかずからおやつまで、約80の「親つく」レシピが掲載。調理に役立つコツがまとめられた7つのコラムも

 

林 幸子(はやし・ゆきこ)

料理研究家。東京・表参道の料理教室「アトリエ・グー」主宰。大手食品会社で料理開発に携わった後、独立。「おいしい」をあらゆる角度から検証し、そのエビデンスを追及する。NHK「ガッテン!」などのテレビや雑誌で活躍中。著書に『料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術』(サンマーク出版)などがある。

shoei.jpg

『介護じゃないけど、やっぱり心配だから 親に作って届けたい、つくりおき』

(林 幸子/大和書房)

親の健康を思うがゆえに生まれた、「親」に作って届けたい「つくりおき」。それが「親つく」料理。肉・魚のおかずから、野菜のおかず、ご飯に汁もの、おやつまで約80レシピを紹介。高齢の親でも食べやすく、さらに食べたいと思わせる工夫と知恵が詰まった愛情料理本です。

※この記事は『介護じゃないけど、やっぱり心配だから 親に作って届けたい、つくりおき』(林 幸子/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP