アクシデントが起きて「〇〇しない」ために。知っておきたい「メンタル力」の重要性

仕事や大事な場面で「こんなはずでは...」と思うこと、ありますよね? でも、それは能力の問題ではなく、「メンタル力の低下」が原因かもしれません。そこで、作家の中谷彰宏さんの著書『「イライラしてるな」と思ったとき読む本』(あさ出版)から、ピンチでも動じないメンタルが身に付くアドバイスを連載形式でお届けします。

pixta_41525644_S.jpg

何があってもくさらない

アクシデントが起こって、「チッ」と言った瞬間に、メンタル力はダウンします。

パートナーやチームと仕事をしている時は、その「チッ」がまわりに伝染します。

チームメイトの気持ちのテンションも下がるのです。

タクシーに乗っている時に、運転手さんが「チッ」と言います。

前の車がトロトロして、信号を越えられなかったからです。

運転手さんはお客様のために急いでいて、お客様のメリットの代理人として前の車に「チッ」と言ってくれたのです。

お客様は自分に言われているわけではないのに、何か気まずい空気になるのです。

メンタル力は伝染します。

たった1人で仕事をすることはありません。

少なくとも2人で仕事をしています。

2人のうちの1人のメンタル力がダウンすると、もう1人のメンタル力もダウンします。

1人のメンタル力が上がると、それが伝染してもう1人にもいい影響を与えます。

チーム全体のメンタル力を上げるためには、まず1人のメンタル力を上げることが大切なのです。

【イライラがすっきりする方法】イライラを、伝染されない。

アクシデントは、逃げ切れない

目の前に起こっている現実と向き合う時に、してはいけないことは、逃げることです。

諦めること、断念することです。

メンタル力は、逃げたくなった時に逃げない力です。

調子のいい時は、誰も逃げません。

目の前でアクシデントが起こった時も、決して逃げないことです。

アクシデントから逃げようと思っても、逃げ切れません。

逃げれば逃げるほど、アクシデントは大きくなります。

スポーツの世界では、メンタル力はよく理解されています。

たとえば、メジャータイトルのゴルフのPGAの試合で、最終ホールでトップグループに残っている人たちは、みんなメンタルトレーナーをつけています。

トーナメントリーダーを争っている1位と2位の人が、同じメンタルトレーナーをつけていることもあります。

トップクラスになると、技術の差よりも1人ひとりのメンタルの勝負になるのです。

一流までは誰もがたどり着けます。

一流と超一流の差は、メンタル力の差でしかありません。

アメリカがメンタル力の研究を始めたのは、太平洋戦争中でした。

空軍パイロットは、戦闘の時に緊張の極致でパニックになります。

最新鋭の兵器を開発しても、使うのは人間です。

アメリカはメンタル力の重要性に気づいて、メンタルトレーニングの研究を始めました。

それが後にスポーツに生かされているのです。

銃を持った生身の人間同士が向かい合います。

銃の撃ち方やメンテナンスは、当然トレーニングしています。

それでも実際に銃を撃てる人間は少ないのです。

弾が当たる当たらないという問題ではありません。

目の前に敵がいる時に、自分の持っている銃を撃てる人間は15%です。

残り85%は銃で殴り合いになります。

パニックになると、銃の使い方まで間違ってしまうのです。

【イライラがすっきりする方法】アクシデントから、逃げない。

前向きになりたいなら『「イライラしてるな」と思ったとき読む本』記事リストはこちら!

076-iraira-syoei.jpgアクシデントやピンチに動じない精神力が手に入る、イライラがスッキリする58の方法が紹介されています

 

中谷彰宏(なかたに・あきひろ)

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇学科卒業。博報堂に入社し、CMプランナーとして活躍。91年に独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。作家としての執筆のほか、「中谷塾」を主宰。全国で講演・ワークショップ活動を行っている。『「つらいな」と思ったとき読む本』(あさ出版)など著書多数。

shoei.jpg

『「イライラしてるな」と思ったとき読む本』

(中谷彰宏/あさ出版)

物事がうまくいかない、プレッシャーに負けてしまう…そんな人はメンタルを鍛えて、弱気に打ち勝ちましょう! 著書の言葉と共にまとめられているのは、イライラが解消されて前向きな心になれる「58の方法」。読み進めていくうちに、自然とメンタル力が鍛えられていきます。

※この記事は『「イライラしてるな」と思ったとき読む本』(中谷彰宏/あさ出版)からの抜粋です。
PAGE TOP