とろみ煮&バター炒め!食べごたえしっかり「ひらたけ」レシピ2選

食欲の秋には、旬を迎えた たくさんのきのこが売り場に並びます。
きのこ類にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、毎日積極的に摂りたい食材のひとつ。「調理の楽さ」も魅力ですね。
今回は料理研究家で雑誌やテレビなどで幅広く活躍する武蔵裕子さんに、しっかりした食べごたえの『ひらたけ』を使ったレシピを教えてもらいました。

ひらたけと鶏ひきのとろみ煮

1人分135kcal 塩分0.9g

1911p073_02.jpg

材料(2人分)

ひらたけ...1パック
鶏ひき肉(もも)...80g
サラダ油...大さじ1/2
だし汁...1カップ

A
酒...大さじ1
砂糖、しょうゆ...各小さじ1
塩...少々

水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1+水小さじ2)

作り方

①ひらたけは石づきを取ってほぐす。
②鍋に油を熱し、ひき肉を炒めてだし汁を加え、煮立ったらひらたけを加える。
Aを加え、2〜3分煮たら、水溶き片栗粉を加える。

ひらたけのレモンバター炒め

1人分112kcal 塩分0.4g

1911p073_03.jpg

材料(2人分)

ひらたけ...1パック
オリーブ油...大さじ1
塩、こしょう...各適量
バター...大さじ1
レモン...1/2個

作り方

①ひらたけは石づきを取り、ほぐす。
②フライパンにオリーブ油を中火で熱し、①を入れて2〜3分炒める。しんなりしてきたら塩、こしょうをし、バターを落とし入れ、溶かす。
③器に盛り、レモンを添えて搾る。

取材・文/細川潤子、撮影/原 務、スタイリング/渡会順子、栄養計算/スタジオ食

健康に良くて調理がラク!『毎日食べたいきのこのおかず31品』その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>

武蔵裕子(むさし・ゆうこ)先生

料理研究家。3世代の食事を切り盛りした中で生まれた簡単でおいしいレシピが人気。雑誌、書籍、テレビなどで幅広く活躍する。

この記事は『毎日が発見』2019年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP