つい、お世辞を言っていませんか?女優オードリー・ヘップバーンの信条とは

世界中から愛され続ける女優、オードリー・ヘップバーン。実は、妖精ともうたわれるその容貌に、コンプレックスを感じていたそうです。銀幕の向こう側で抱えていた葛藤、仕事と家庭の両立、死について、など彼女の言葉がまとめられた『オードリー・ヘップバーンの言葉』(山口路子/大和書房)から、現代の女性たちが共感できるオードリーの名言を連載形式でお届けします。

pixta_49975736_S.jpg

うわべだけの言葉


お世辞からは何も生まれません。


好かれることは、もちろん好きだけれど、好かれるための努力などはしない。これはオードリーの信条のひとつです。

その流れでもちろんお世辞を口にすることも少なかったのですが、他の人たちは彼女に対して、それはもう、うんざりするほどのお世辞を浴びせました。

オードリーは自分にかけられた言葉には敏感に反応し、それが真心から出ている言葉なのか、自分から何かを得るためのお世辞なのかを見極め、慎重に人とつきあっていました。

本当は、ほかにも候補がいるのに「この映画はあなたのために企画されたのです」なんて言っても、オードリーは真実を見ていたし、ビジュアルだけをひたすら讃える人にもなびきませんでした。

だから、ある種の人たちにとっては、とっつきにくい人物に映ったかもしれません。誤魔化しや、うわべだけの言葉に対する彼女の反応は、何かきついことを言うわけではないけれど、お世辞が習慣になっている人たちにとっては、見透かされているように感じさせるものが、あったからです。

細い身体の理由


ダイエットはしていません。


スリムな体形は彼女の財産のひとつでした。

けれど体重がつねに標準よりも五キロから八キロ不足していたせいか、疲れやすいところはありました。

摂食障害(拒食症と過食症)の噂はきっぱりと否定していますが、過度のストレスがあると食事が喉を通らなくなること、そして、太ることを恐れていたのは事実です。

たとえば当時の雑誌に掲載された、三十歳のころのある日の食事。

「朝食はゆで卵二個、健康食品の店で買った全粒粉トーストひときれ、ホットミルクを入れた三杯か四杯のコーヒー。昼食にはカッテージ・チーズとフルーツ・サラダかヨーグルトと生野菜、夕食には肉と数種類の温野菜」

たとえば五十代半ばのころには、こんなふうに言っています。

「この年になるとあまりタンパク質はいらないので、おもに野菜を食べています。ワインは飲まないけれど、ディナーの前に少しスコッチはいただくわ」

特別なダイエットはしていないものの、ダンサーだったこともあり、食事への意識が高いことがわかります。

「美しさ」とは何か?『オードリー・ヘップバーンの言葉』記事リストはこちら!

054-syoei-odrori1.jpg美・愛・仕事・人生・使命の5つをテーマに、大女優オードリー・ヘップバーンが残した人生のヒントがつづられています

 

山口路子(やまぐち・みちこ)

1966年生まれ。作家。「ミューズ」「言葉との出逢い」「絵画と個人的な関係」をテーマに執筆。著書に『美神の恋~画家に愛されたモデルたち』(新人物文庫)、『美男子美術館』(徳間書店)、『軽井沢婦人』(講談社)など。2015年より朗読と音楽のコラボ『語りと歌のコンサート』や『山口路子のミューズサロン』を開催。

shoei.jpg

『オードリー・ヘップバーンの言葉』

(山口路子/大和書房)

永遠の妖精と称され、気品わふれるオードリー・ヘップバーン。時代は変わったとしても、彼女に魅了される人は増え続けています。その秘密は、生き方や考え方からくる内なる美しさ。オードリーの言葉は、あなたの人生を変えるきっかけを与えてくれるはず。

※この記事は『オードリー・ヘップバーンの言葉』(山口路子/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP