コツいらず!白くならない「化粧下地」/シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術

60歳を過ぎた女性こそ、もっと美しくなれます」とは、東京・巣鴨の「えがお写真館」で活躍する赤坂 渉さん。「年齢を重ねた女性が目指すべきは"シワやシミがあってもキレイな人"。下地、ファンデーションは薄づきに。チークを入れれば、肌が明るく見えてぐっと若返ります。眉毛は左右対称を意識すると上品に見えます」。

今回は化粧下地の塗り方を、赤坂さんに教えていただきました。化粧品はお手持ちのものでかまいません。早速始めてみましょう。

1909p069_1.jpg

化粧下地は気になる部分だけ重ね塗り

化粧下地の役割はくすみや毛穴のカバー+日焼け止め効果。

たっぷりつけても白くならないアイテムを選べば、コツ入らずです!

1909p070_1.jpg

1 ○(写真左)のところに化粧下地をおく

写真の○をつけた9カ所に、化粧下地を真珠一粒大程度おきます。

1909p071_1.jpg

2 顔の中心から外側へ、両手でのばす

指を使って、顔の内側から外側へと優しくのばします。両手で行いましょう。

1909p071_2.jpg

3 首元にも忘れずにのばす

ついつい忘れがちな首元や髪の生え際にも、しっかりのばしましょう。

1909p071_3.jpg

4 もう一度、○のところに化粧下地をおく

写真の○をつけた4カ所に、少量おきます。クマやくすみをカバーします。

1909p071_4.jpg

5 指で優しくなじませます

指で点々と軽くたたいてなじませます。広くのばし過ぎると顔全体が不自然に明るく見えるので注意。

今回は下地を紹介しましたが、次回以降の記事で紹介するファンデーション、チーク、眉を整えていくと、下のビフォー・アフターを見ていただけるように、皆さん美しくなれますよ!

1909p069_2.jpg

1909p069_3.jpg

<商品紹介>

使ったのはコレ!

1909p071_5.jpg

白くならずツヤ感を演出

ピンク系の色合いでワントーン明るく。高い保湿力で乾燥や皮脂による化粧崩れを防ぎ、輝くようなツヤ肌に。SPF15・PA+。

SUQQU トリートメント セラム プライマー

30g 6,000円+税

(電)0120-988-761(SUQQU)

1909p071_6.jpg

年齢肌特有の黄ぐすみを補正

塗るだけで肌色をパッと明るく、肌のトーンを自然に。ファンデーションの発色をサポートし、化粧崩れも防止。SPF40・PA+++。

シミウス クイックトーンアップベース(ラベンダ-ピンク)

30g 2,593円+税

(電)0120-432-010(メビウス製薬)

取材・文/笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦

「シニア専門のプロが教える60歳からのメイク術」の記事一覧はこちら!

 

<教えてくれた人>

赤坂 渉(あかさか・わたる)さん

雑誌・広告やアーティストなどのヘアメイクを経て、2014年、巣鴨シニア専門スタジオ「えがお写真館」の立ち上げに携わる。これまで美再生させたシニア女性は4000人以上。

この記事は『毎日が発見』2019年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP