なんか顔色が悪い...「アラフォーになったら口紅は変えるべき」に賛同の声

180710_toshi_01.jpg

若い頃と比べるとアラフォー世代は肌の調子が悪くなり、メイクが億劫になる人も多いようす。ですが、自分に合うアイテムを見つけられればメイクが楽しくなるかもしれませんよ。


40歳を過ぎたら口紅が変わる?

先日、女性向け掲示板で"歳を重ねて使う口紅の色が変わった"という話題に注目が集まりました。投稿者の女性は、40歳を過ぎていつも使っていたピンクベージュの口紅が似合わないと感じるようになり、それまで敬遠してきたローズピンクや赤系の口紅を使うようになったそう。

女性は最後に、「歳を重ねて使う口紅の色が変わった人いますか?」「どんな色が合わなくなり、どの色が合うようになりましたか?」と質問を投げかけています。

この書き込みには、「私も同じ。若い時って赤いと口だけ浮いてたのに、今はなんかしっかりくる」「二十歳頃はコーラルピンクだったのが、アラサーになってボルドーや赤系が似合うようになってきた」「若い時はベージュピンクや薄いコーラルピンクだったけど、今は濃い目のローズピンクが合う気がしてる」と賛同する意見が続出しました。


アラフォー以降の世代は口紅にこだわりが強い!?

アラフォーを過ぎると唇が乾燥したり、くすみや縦ジワも気になり始める時期。アラフォー世代が色身の無いベージュ系やヌーディ系の口紅を使うと、顔全体の印象がボヤけてしまったり顔色が悪くなってしまうことがあるようです。

実際に先ほどの掲示板には、「サーモンピンクとかライトベージュが合っていたのに、アラフォーの今だと何か足りない。顔色悪く見えるから、結局濃い目のベージュや赤身の入ったものをつけています」「私も20代は赤いとケバくなるからピンク系だったのに、30代になると濃い赤じゃないと『唇どこ? 具合悪いの?』状態です」「若い頃口紅なんていらなかったのに、今はつけないと本当に顔色悪い...。とにかくベージュ系は若いときしか似合わない。ある程度歳重ねたら赤味は必須!」といった声が上がっていました。

アラフォー以降は特に口紅に気を使っている人が多いのかもしれません。以前ナガセ ビューティケァが、20代~60代の働く女性を対象に「メイクに関する調査」を実施。「普段こだわりを持っているアイテム」について聞いたところ、40代~60代の女性は口紅に一番こだわりを持っていることが判明しています。

また、同調査では「メイクをするときの気持ち」についても調査。その結果、20代・30代は「もっとメイクが上手になりたい」という回答が1位になったのに対し、40代・50代では「メイクをするのは面倒」というネガティブな回答が1位になりました。

若い頃と同じメイクをしていると、年相応に見えず"イタい人"に見られてしまうことも。面倒くさがらず、自分の年齢に合ったメイクを追求してみるのが綺麗の近道かもしれませんね。

文/藤江由美


関連記事:「プロ直伝! 誰でもできる「前髪ちょこっとアレンジ」でボリュームUP!」

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP