予定は「休日」から先に決める!プロの執事が見た超一流の「休暇の取り方」

休日を有意義に過ごすと、仕事が効率化できるって知ってますか?大富豪を相手に執事サービスを提供してきた新井直之さんが言うには、世界の成功者たちは休み方が全く違うそうです。そこで、新井さんの著書『超一流、二流、三流の休み方』(あさ出版)から、成功者たちが実践する「疲れないためのコツ」を連載形式でお届け。休み方を見直せば、人生を底上げできるかもしれません。

pixta_30803707_S.jpg

休暇の取り方


三流 カレンダー通りに休む
二流 仕事の進捗に合わせて休む
超一流 自分が休みたい日に休む


欧米では、誰もが当たり前に長期休暇を取ります。フランスの8月はバカンスシーズンで、4~5週間にもわたって皆が思い思いの休暇を楽しんでいます。

一方、日本では、これほどしっかりと休暇を取っている人を見かけません。祝祭日の日数でいうと、フランスより日本のほうがずっと多いのに、働き過ぎが社会問題になっているくらいです。やはり日本人は休み下手なのかもしれません。

ところが、休み下手の日本人のなかにも、きちんと休暇を取っている人がいます。「なかなか休めない」という人は、そもそも休みの取り方が間違っている可能性があるのです。

もっとも簡単な休みの取り方は、カレンダー通りに休むことです。ただし、仕事が忙しいと、休日返上で働かなければなりません。せっかく休暇を取ったのに、思うように休めず、自分自身の負担も増えてしまうのであれば、その休み方は三流と言わざるを得ないでしょう。

なかには、仕事の進捗に合わせて休暇の予定を立てる人もいます。「このプロジェクトが7月末に終わるから、夏休みは8月第1週に取ろう」という予定の立て方です。実際、仕事ができる人ほど、新しい業務を任されて忙しいもの。「仕事が優先、休暇は後回し」になってしまうのもわかります。

しかし、これは休み方としては二流です。仕事が予定通りに進めばいいですが、物事はたいてい予定より遅れるもの。仕事優先でいる限り、休めません。長い目で見れば、心身に疲れがたまり、パフォーマンスが落ちていきます。では、どうすれば休めるのか。超一流は、休暇を優先します。自分が休みたい日を決め、それに合わせて仕事を調整するのです。

私のお客様にも、8月15~31日はハワイで過ごすと決めている方がいます。年間スケジュールに休暇の予定をあらかじめ組み込んでしまうのです。すると、休暇を前提に仕事の予定を組むので、仕事に振り回されることはありません。

なぜ超一流は、休暇を優先するのでしょうか。それは「休暇=仕事のため」と考えているから。最高のパフォーマンスを発揮するために、カラダを休めたり、リフレッシュしたりしているのです。

アスリートが「休むのも仕事」と考えるのと似ています。試合の翌日は休養にあて、ひたすら体力の回復に努める。次の試合に向けて調子を整えていく。休暇を取るのも、心身のコンディショニングの一環です。

あくまでも自分のペースに合わせて、仕事も休暇も、主体的にコントロールしていくことが大切なのです。

会社勤めの方は、自分の都合で休暇を取ることが難しいでしょう。ただし、「休暇=仕事のため」と意識できれば、休暇を自分がコントロールするという姿勢ができ、どなたにとっても参考になるのではないでしょうか。「休暇=仕事から逃れる機会」と考えていた方は、まず意識から変えてみてください。

――休むからこそ、仕事は充実する

その他の「超一流、二流、三流の休み方」記事リストはこちら!

81rps3qevWL.jpg

休み方や体調管理方法など、46の項目で大富豪と呼ばれる人生の成功者と二流、三流を比較検証しています

 

新井直之(あらい・なおゆき)

日本バトラー&コンシェルジュ株式会社代表取締役社長。フォーブス誌世界大富豪ランキングトップ10に入る大富豪や国内外の超富裕層を顧客に持つ同社の代表を務めながら、企業向けに富裕層ビジネス、顧客満足度向上などアドバイザリー業務を行なっている。主な著書『執事だけが知っている世界の大富豪 58の習慣』(幻冬舎)など多数。

e7d4702e5cc1b5f615bd4000e268b2753a2c33f7.jpg

『超一流、二流、三流の休み方』

(新井直之/あさ出版)

休日を寝て過ごして、逆に疲れをためていませんか?実は休みの日こそ、仕事で成功するために強く意識しなければならない時間なんです。大富豪と呼ばれる「超一流」を間近で見てきた著者が「休み方の本質、疲れないためのコツ」を解説。46のヒントを参考にすれば、人生を劇的に変えられるかも。

※この記事は『超一流、二流、三流の休み方』(新井直之/あさ出版)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP