マグカップで1人分カレーが作れる⁉ 時短で簡単、洗い物も少ないマグカップクッキング

1人分の食事を用意するのは、おっくうなもの。ついお菓子などで済ませてしまうこともありますね。そんなときにおすすめな料理法が、名付けて「マグカップクッキング」。電子レンジ調理の第1人者・村上祥子さんにおいしく作るコツを教えてもらいました。

 

材料と調味料をカップに入れてレンジでチン!

「マグカップクッキング」に使うのは、マグカップと電子レンジだけ。鍋やフライパンを洗う手間もいりません。テレビで紹介したところ、評判になりました。

切った材料と調味料を入れて電子レンジでチンするだけで、1食分のたんぱく質を確保することができます。私は、肉じゃが、魚の煮付け、カレー、なんでもマグカップで作ってしまいます。

マグカップ料理には、次のようなメリットがあります。
1 料理の技がいらない
2 短時間で調理できる
3 火を使わないので安全
4 食材の栄養を逃さない
5 洗い物が少なくなる

そして、マグカップの柄の部分は熱くならないため、加熱後に指で持って取り出しやすいのも、おすすめの理由です。

よく、「マグカップの厚さや素材で加熱時間は違いますか?」と聞かれますが、関係ありません。どんなカップでも、同じ時間でできます。汁気のある料理の場合は、噴きこぼれるので大きめのカップを使います。

噴きこぼれたときに後始末がラクだということもありますが、マグカップクッキングでは受け皿を1枚敷いてください。最近のレンジはターンテーブルありとなしの2種です。

ターンテーブルありは上方横から電磁波が出るので、上火が強め、ターンテーブルなしは底面の下にモーターが設置されているので、下火が強め。どちらのタイプでも受け皿が1枚あると、加熱ムラが防げます。

 

1903_p082_01.jpg

作ってみましょう!
500mlマグカップで「ポークカレー」

材料(1人分)
野菜(玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなど合わせて) ...100g
豚薄切り肉...50g
水...150ml
カレールー...1皿分
ご飯...1人分

作り方
1. マグカップに水を入れ、一口大に切った野菜と肉を入れてカレールーを刻んでのせる。
1903_p082_02.jpg 

2. ふんわりラップをし、噴きこぼれたときのために受け皿を敷き、電子レンジ600Wで8分加熱する。

3. 取り出して軽く混ぜ、ルーのとろみを均一にして、皿に盛ったご飯にかける。
1903_p082_03.jpg

 

撮影/江口 拓

 

 

<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士・料理研究家。電子レンジ調理の第一人者。本誌『毎日が発見』の料理ページでおなじみ。

この記事は『毎日が発見』2019年3月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP