カレーやそうめんも「唐ご酢玉ねぎ」でヘルシー料理に早変わり/玉ねぎ

血液がサラサラになるといわれる玉ねぎは、積極的にとりたい食材の1つ。この玉ねぎに、とうがらしと黒ごまを酢に漬けて作る「唐ご酢玉ねぎ」は、料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんが考案したオリジナル酢。モンゴルに昔からある健康保存食「唐ご酢」に、脂肪を燃焼させるとうがらし、骨粗鬆症予防や美肌に役立つごま、疲労回復を助ける酢を1度に摂れるのが魅力です。毎日料理に活用して、健康効果をアップさせましょう!

関連記事:「酢と黒ごまで効果大。 骨粗鬆症予防や美肌に役立つ「唐ご酢玉ねぎ」の作り方/玉ねぎ(3)」

前の記事「汁物にもぜひ! 「唐ご酢玉ねぎ」を足すと味に深みが出せるんです/玉ねぎ(6)」はこちら。

 

1807p034_01.jpg「唐ご酢ドライカレー」
1人分 570kcal/塩分1.9g

野菜を切らず、短時間でできるカレーです。病みつきになるおいしさ。

【材料(2人分)】
合いびき肉...100g
サラダ油...大さじ1
唐ご酢玉ねぎ...100g
A カレールウ(刻む)...36~40g
 トマトケチャップ...大さじ1
ご飯...300g

【作り方】
1 フライパンを温め、サラダ油を入れて合いびき肉を炒める。
2 ひき肉に火が通ったら、「唐ご酢玉ねぎ」とAを加え、中火で熱し、ルウが溶けたら火を止める。
3 器に温かいご飯を盛り、2をかける。

 

 

1807p034_02.jpg「五目そうめん」
1人分 264kcal/塩分2.1g

唐ご酢玉ねぎを具材に加えると、たれが少量でもおいしくなります。

【材料(2人分)】
かまぼこ(ピンク)...小1枚
きゅうり...1本
トマト...小1個(100g)
そうめん(乾)...100g
唐ご酢玉ねぎ...50g
刻みのり...少々
A しょうゆ...大さじ1
 冷水...100ml

【作り方】
1 Aを合わせ、たれを作る。
2 かまぼこはせん切りに、きゅうりも5㎝長さのせん切りにする。トマトはへたを取ってくし形に切る。
3 そうめんは熱湯で表示通りにゆでて冷水に取り、ざるへ上げる。
4 器に氷をのせて3を盛り、2、「唐ご酢玉ねぎ」、のりをのせ、1を添える。

 

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景 


村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2018年7月号に掲載の情報です。
PAGE TOP