冷え対策にも!味噌×酒粕×チーズが相性抜群♪「酒粕ロールカツ」レシピ

今冬は暖かいと言われていますが、それでも寒い日は寒いですよね。

特に冷え性の人は、手先足先が冷えて眠れない、ずっとこたつに入っていたい...と感じている人も多いのではないでしょうか?

また体温が下がると免疫力も下がってしまい、病気になりやすくなります。

そんな冬の悩みを少しでも改善したい...と思っていたところ、『3分クッキング』2月号に「おいしい発酵食おかず」という特集を発見しました。

その中に、「酒粕ロールカツ」という文字が!

豚肉は「L-カルニチン」や「ビタミンB1」で、酒粕は善玉菌を増やす働きで代謝を高め、体が温まりやすい状況を作り出してくれます。

そこで今回、その「酒粕ロールカツ」を作ってみることにしました。

IMG_8785s.jpg

相性のよいみそ、チーズと合わせて

『酒粕ロールカツ』

材料4人分
豚もも肉(しゃぶしゃぶ用)...24枚(320g)
酒粕、みそ......各大さじ2
ピザ用チーズ......大さじ6

 卵......1個
 水......大さじ2
 小麦粉、パン粉......各適量
水菜、玉ねぎ......各適量
●油

作り方
 水菜は4㎝長さに切る。玉ねぎは縦薄切りにして水にさらし、ザルに上げて水気をきり、水菜と混ぜる。ボウルに衣の卵と分量の水を入れて混ぜる。小さいボウルに酒粕とみそを入れて練り混ぜる。

 豚肉2枚を、上下交互に少し重ねておき、手前にチーズ大さじ1/2、酒粕とみそを混ぜたもの小さじ1をのせてきつく巻き、両端を押さえる。

 に小麦粉、の卵液、パン粉の順に衣をつける。油を180℃に熱して入れ、きつね色になるまで揚げる。

 器に盛り、の野菜を添える。好みでウスターソースを添えて。

最初は「えっ? 味噌と酒粕とチーズだけ巻くの?」と若干不安を感じつつ作ったのですが、味噌と酒粕とチーズってこんなに相性いいのか!と驚く美味しさでした。

各食材のうまみが見事な相乗効果を生んでいます。

揚げ物なのにしつこくなりすぎないのも嬉しいですね。

一緒にシソを巻いたり梅を混ぜたりすると、また違った美味しさが楽しめそうです。

体が冷えがちな人、体調を崩しがちな人は、ぜひこの「酒粕ロールカツ」を試してみてはいかがでしょうか?

調理・文=きこなび(月乃雫)

 
NTV_本冊_H1+.jpg

『3分クッキング』2月号

体が喜ぶおいしい発酵食おかず

今号は「おいしい発酵食おかず」特集。混ぜるだけでできて保存がきく塩麹&しょうゆ麹や、甘酒、酒粕を使ったおかずをご紹介します。いつもの豚のしょうが焼き、ハンバーグ、肉じゃがが発酵食パワーでおいしく変身。甘酒を絶品だれにアレンジ、酒粕で揚げものや炒めものと、鍋ものや煮ものにとどまらない新発想メニューで寒い冬を乗り切りましょう。シンプル調味でどれも簡単。腸内環境を整えてくれる、体にうれしいおかずばかりです。

第2特集は「冷凍うどん七変化」。野菜もたんぱく質もたっぷりとれる、具だくさんのうどんメニュー。煮込みうどんからナポリタン風まで、冷凍うどんを凍ったままフライパンに入れて作れます。楽しいアレンジをぜひお試しください。

※この記事は『3分クッキング2月号』からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP