50歳からのおしゃれ術「1枚でさまになる、ハレの日ワンピース」

「去年まで着ていた服がしっくりこない」「重い洋服を着たくなくなった」...。そんな悩みを抱えている方はいませんか? 実は2019年に50歳を迎えた人気雑貨店オーナーの後藤由紀子さんも、40歳からの10年ほどは「おしゃれの壁にぶち当たっていた」そうなんです。加齢による体型や体調の変化に合わせて「おしゃれ」をどのように楽しむといいのかを、連載形式でお届けします。

※この記事は『50歳からのおしゃれを探して』(後藤由紀子/KADOKAWA)からの抜粋です。

第4回_1.jpg

ハレの日には1枚でさまになるワンピースを

おめかししたいときや、パーティーの日に袖を通すのが、この「dosa」のシルクワンピース。ビジューのように見える模様は、実は絞り染め。職人の手仕事が美しい一着で、奈良の「くるみの木」で手に取った瞬間に、心を奪われました。

シルクはリッチな光沢感が、大人の女性にぴったりの素材。着心地も軽く、動いた時の生地の揺れもとてもエレガントです。このワンピースを着る時は、座る際にシワにならないようお尻まわりの生地を伸ばしたりして、自然と姿勢までしゃんとする気がします。

ワンピース自体にボリュームがある場合にボトムスをはくなら、背の低い私のような体形の方なら、レギンスや細身のパンツを合わせて下半身を小さくまとめるのがおすすめ。逆に長身の方は、ワイドパンツで全身にボリュームを出しても、個性的で素敵です。

第4回_2.jpg

こういう時こそ、手首にはアクセントになる太めのバングルを。こちらは「KO」のものですが、絶妙な幅と光沢感で、一気におしゃれ度が増すと感じています。

ちなみに私はお母さん仕事があるので、ネイルは塗りませんが、そのままだとちょっと恥ずかしいような場面では、艶が出るネイルのベースを自分で塗っています。ビビッドなネイルより、ささやかさが私にはちょうどいい感じです。

足元はベージュの革靴を。全身同じ色ではなく、こんな風に違う色を靴に持ってくるのが、てらった感じがしなくて、私の好みです。

ワンピース:dosa 靴:ARTS&SCIENCE パンツ:saqui 指輪:SOURCE objects バングル:KO ネックレス:evam eva バッグ:katespadeNEWYORK

その他の「50歳からのおしゃれを探して」記事リストはこちら!

41nohinBE0L._SX350_BO1,204,203,200_.jpgオシャレの先輩10人へのインタビューを始め、コーディネートの提案など「年齢に合わせたおしゃれの具体的なヒント」が美しい写真と共に紹介されています

 

 

後藤由紀子(ごとう・ゆきこ)

静岡・沼津で器と雑貨の店「hal」を営む。暮らしの中で自分が心から「いい」と思ったもののみを店に並べる。二人の子供は、大学生と短大生となり、子育てもひと段落。暮らしの工夫や気づきを綴った飾らないエッセイも好評。『後藤さん、今日はどちらへ? 地元な暮らし』(大和出版)など著書多数。

616jd28IjFL.jpg

『50歳からのおしゃれを探して』

(後藤由紀子/KADOKAWA)

人気雑貨店「hal」オーナーで、50歳を迎えた後藤由紀子さんが「年齢を重ねることで生まれるおしゃれの問題点」を丁寧に探り、綴った話題の一冊。50歳オーバーの「素敵なおしゃれの先輩たち」10人に聞いた「おしゃれ迷走期の乗り越え方」や、後藤さんがこの10年で気づいた「年齢によりそうおしゃれ」のポイントは必読です!

この記事は書籍『50歳からのおしゃれを探して』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP