室内だからって油断しないで! 家で過ごすときの「紫外線予防」

紫外線に汗、皮脂...。肌にダメージが増える夏ですが、今年はマスクによる肌トラブルも急増! 秋に向け、マスクのダメージケアも含めてしっかり保湿していきたいですよね。そこで、芝浦アイランド皮フ科院長の八木葉子さんと、ヘアメイクアップアーティストの加藤聖子さんに「肌の保湿の極意」をお聞きしました。今回は、家にいるときの「紫外線予防」についてご紹介します。

家にいるときもこんなことに気を付けて

2009_P050_01.jpg

洗濯物を干すとき
ベランダや庭に洗濯物を干すとき、ほんの5~10分でも、紫外線はしっかり肌に届いています。腕を伸ばして、太陽の方向へ顔を向けて洗濯物を干す姿はまさに、紫外線を大いに浴びている!ということです。

2009_P050_02.jpg

窓際スペースの掃除や玄関でのやりとり
じんわり紫外線を浴びがちなのが窓際のスペース。UVカット効果のあるガラスでも、光は届くので、肌に影響が全くないわけではありません。玄関での郵便物の受け取りのようなわずかな時間、隙間でも、紫外線は入り込みます。

2009_P050_03.jpg

ベランダ、庭のお手入れ
ベランダの植物や庭をしっかりお手入れするときは、紫外線予防は万全という人も、ちょっとだけの水やり、食べる分だけハーブを摘む、といったときは無防備になりがち。いつでも帽子や手袋は忘れずに。

2009_P050_04.jpg

洗車
紫外線が怖いのは、照り返しがあること。洗車しているときにできた水たまりから、紫外線が反射します。帽子をかぶっていても、首や胸元を日焼け止めやスカーフでガードして。

2009_P050_05.jpg

散歩、ウォーキング
外出できなくても近くを散歩するときは、紫外線が少ない朝や夕方に。朝の場合はサングラスもして、紫外線から目も守りましょう。

【まとめ読み】特集:夏の終わりの「保湿の極意」記事リスト

構成・文/栃木さおり 撮影/大瀬智和 ヘアメイク/加藤聖子 イラスト/多田景子 モデル/伊出梓乃

 

<教えてくれた人>
八木葉子(やぎ・ようこ)さん
芝浦アイランド皮フ科院長。2005年より海老名総合病院皮膚科医長、07年より池上総合病院皮膚科部長を経て、13年芝浦アイランド皮フ科開設。皮膚科一般疾患から、医学的根拠に基づく美容皮膚科まで幅広く対応。


加藤聖子(かとう・しょうこ)さん
ヘア・メイクアップアーティスト。Virtu主宰。タレント、文化人のヘアメイクを数多く担当した経験を生かし、「アンチエイジング専門店 美匠顔」をオープン。ホルモンと自律神経にアプローチし、年齢を重ねた女性の美を追求。

★毎日が発見ショッピング

「夏で傷んだスキンケア&ボディケア」特集

25567890123.jpg

残暑の傷んだお肌を徹底ケア! お疲れ肌を優しくケアする【発酵エイジングケアコスメ】や、1秒間に約28,000回の振動の【超音波振動ピーリング美顔器】など「毎日が発見」がオススメするアイテムを一挙掲載! ぜひチェックしてみてください♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP