野菜&スパイスで使い勝手抜群! 村上祥子さんが教える「ゆで卵ピクルス」の作り方

加熱しても栄養価が減少しない、優れた食品である「卵」。管理栄養士で料理研究家の村上祥子さんも「毎朝心がけて食べている」といいます。そこで、村上さんに、卵の新常識や、冷蔵庫に常備してすぐ食べられる活用法をお聞きしました。今回は「ゆで卵ピクルスとアレンジレシピ」について教えていただきました。

野菜もいっしょに!スパイスも加えて!

ゆで卵ピクルスの作り方

2009_P040_06.jpg

ゆで卵ピクルス1個分77kcal/塩分0.7g

材料(500ml瓶×1本分)
半熟卵(下記参照して作る)...5個
野菜(にんじん、きゅうり、大根、パプリカ、 ピーマン、セロリなどひと口大に切る)...合わせて200g

2009_P040_01.jpg

ピクルス液の材料
ローリエ...1枚
シナモンスティック...1本
粒黒こしょう...小さじ1
赤とうがらし...1本
にんにく...1片
酢...50ml
砂糖...50g
塩...小さじ1/2
水...200ml

2009_P040_02.jpg

作り方
① 瓶にピクルス液の材料を入れてよく混ぜる。

2009_P040_03.jpg

② 卵を入れる。

2009_P040_04.jpg

③ 野菜を入れたらふたをして冷蔵する。翌日からおいしく食べられる。

2009_P040_05.jpg

●冷蔵で1週間保存可能。
●タルタルソースや卵サンドを作るときに使うと便利。

オクラだけでなく、トマトや蒸しなすと合わせてもおいしい。
「ゆで卵ピクルスとオクラのサラダ」

2009_P040_07.jpg

1人分120kcal/塩分1.0g

材料(2人分)
ゆで卵ピクルス...1個
オクラ...6本
マヨネーズ...大さじ2
ピクルスにした野菜(薄切り)...大さじ2

作り方
①オクラはガクの周りをむき取り、塩少々(分量外)でもむ。熱湯にサッとくぐらせ、冷水に取り、水をきる。

②器にオクラと二つに切った卵を盛り、野菜とマヨネーズを添える。


半熟卵の作り方

① ボウルに水1.5Lと氷500g(いずれも分量外)を入れて冷水を用意する。

2009_P039_02.jpg

② 鍋に水1.5L(分量外)を入れて沸騰したら、お玉などで冷蔵庫から出したばかりの卵を1個ずつ加える。ふつふつ煮立つ程度の中火で6分加熱し、火を止める。

2009_P039_03.jpg

③ ①の氷水に網じゃくしで卵を移し、3分浸す。

2009_P039_04.jpg

3分氷水に浸けると殻がむきやすい。

《ゆで時間の目安》

  • 黄身がトロトロに仕上げたいとき...6分加熱
  • もう少し固めに仕上げたいとき...7分加熱
  • 固ゆでに仕上げたいとき...12分加熱

【殻をむく】

④ 平らな硬い場所で卵の天地をコンコンと打ちつける。

2009_P039_05.jpg

⑤ 横にしてゴロゴロと側面を転がして卵全体にヒビを入れる。

2009_P039_06.jpg

全体にヒビを入れるとすぐむける。

⑥ 氷水の中で殻をむく。

2009_P039_07.jpg



【まとめ読み】特集「煮卵 ゆで卵ピクルス 塩卵」記事リスト

取材・文/石井美佐 撮影/スタジオCOM(中野正景・江口 拓)

 

<教えてくれた人>

管理栄養士 料理研究家
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

shoei.jpg

『村上祥子のシニア料理教室』

(村上祥子/女子栄養大学出版部)

1,300円+税

月に一回開かれるシニア向け料理教室で人気のメニューが満載。「これならできる!」「食べやすい!」と生徒さんたちに大好評の130のレシピを公開しています。

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP