あったかインナーで肌が乾燥する⁉ 医師が指南、正しい吸湿保温インナーの選び方

冬は「あったかインナー」を着ないと外出できない、という人も多いはず。風邪対策としても注目されている「あったかインナー」ですが、ちゃんと機能を理解して、注意事項を守って着用しないと、乾燥や脱水などの心配があるんです。細野クリニック・細野周作先生にお話をお聞きしました。

pixta_33689495_S.jpg

 

吸湿保温の仕組みを知って快適なあったかインナー生活を

いまの時期、着ているだけで暖かくなるインナーが大活躍しています。さまざまなメーカーから発売されている〝あったかインナー〟ですが、どんな仕組みで暖かくなるのか、特に敏感肌の人は知っておくべき注意点があると、医師の細野周作先生は言います。

「近年、流行している吸湿保温のインナー(あったかインナー)ですが、皮膚の水分を吸収して発熱させる構造が基本です。つまり肌が乾燥しやすくなるということ。そして着用している生地に熱を逃がすことができるかが重要になってきます。敏感肌の人は、ただでさえ化学繊維には過敏に反応しやすいので、どんな生地でできているのかをチェックすることが大事です」

意外にも着用している本人の肌の水分を利用した構造ということで、乾燥している冬の季節はケアが大切だそうです。

「正しく機能を理解して、体をケアしながら着用すれば、本当に便利なアイテムとして利用できます」と、細野先生。敏感肌でない人でも、長時間着用したり、肌のケアを怠ると、肌が荒れるケースもあるそうです。

「まず着る前の保湿ケアは必ず行ってください。クリームを塗るだけで、皮膚が潤います。そして着用時は水分が吸収されているので、脱水症状にならないために水分をまめに摂りましょう。汗もかきやすくなっているので、水分補給は何より大切です。そしてなるべく長時間の着用は控えましょう。帰宅したらすぐに脱ぐことも意識すると、肌への影響を少なくできます。

もし肌に異常が起きた場合は、まず着用を控える、そしてしっかりスキンケアを行い保湿し、それでも治らない場合は皮膚科に行くことをおすすめします。敏感肌の人は化学繊維を使用した服のトラブルが起きやすいので、吸湿保温インナーについては綿だけで構成されているものをおすすめします。保温機能自体は化学繊維のものより落ちる場合がありますが、肌のためには綿の方が負担が少なくなります。もちろん個人差もありますし、ケアは変わらず心がけて着用しましょう」

当たり前のように着用しがちなあったかインナーですが、きちんと機能を理解した上でケアしながら着用するのが、賢い付き合い方なのですね。

 

◆敏感肌の人に! ほぼ綿100%のあったかインナー

ほぼ綿で作られた吸湿保温(あったか)インナーをいくつかご紹介します。
この冬は、それぞれの特徴を参考に、自分に合ったインナーを見つけてみてはいかがでしょう?

 

<天然素材100%の抗菌防臭性に優れた機能性素材>
●綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ

1902p009_01.jpg
黒(写真)、白、チャコールグレー、ブラウン
1,843 円+税/XS~XL(無印良品)
ウールの糸を芯にオーガニックコットンでカバーリングした糸で編んだ天然素材100%のインナーです。ウールは暖かいだけでなく吸放湿性に優れ、汗をかきがちな暖房の効いた室内でも快適に着られます。

 

<綿100%の限界に挑戦発熱糸を使用した天然素材>
●発熱糸使いあったかタートルネックプルオーバーよりどり2枚組
1902p009_02.jpgラベンダー、ベージュ、ピンク、
黒(写真)/ 2,900 円(税込)/M~LL
肌に当たる脇のぬい目をなくすなど、体への負担を極力減らした商品。化学繊維ではなく、発熱糸を使用したことでチクチクしないので肌触りも優しいです。シンプルなデザインですが、色展開も豊富なので着こなしを楽しめます。

 
<冬の敏感な肌の負担を少なく天然素材の力で吸湿発熱>
●綿であったかVネック八分袖Tシャツ
1902p009_03.jpg白、ライトベージュ、チャコールグレー(写真)、黒
1,195 円+税/XS~XL(無印良品)
オーガニックコットンの糸に特殊な加工を施した、天然素材の力で吸湿発熱するインナーです。体から発散される湿気や汗を吸い取って発熱します。肌に触れる部分に凹凸が少ない丸胴編みで、冬の敏感な肌の負担が軽減されます。

 

<締め付け少なめのカップ付きラクラク綿100%あったかインナー>
●発熱あったかカップ付き ハイネックTシャツ
1902p009_04.jpgベージュ(写真)、ネイビー、グレイッシュパープル
3,490 円(税込)/M~LL
ブラジャーなしで着用できるカップ付きで、重ね着のインナーとして活躍するアイテムです。袖ぐりの立体パターンで腕の動きが楽。さらに肩部分の布地が二重になっているので、より暖かさを実感できます。

 


■「綿とウールで真冬もあったかクルーネック長袖Tシャツ」「綿であったかVネック八分袖Tシャツ」のお問合せ
無印良品 池袋西武 03-3989-1171

「発熱糸使いあったかタートルネックプルオーバーよりどり2枚組」「発熱あったかカップ付き ハイネックTシャツ」のお問合せ
毎日が発見ショッピング  0120-325-085(9:00~18:00) 年末年始休み


 

取材・文/栗山春香

 

 

<教えてくれた人>
細野周作(ほその・しゅうさく)先生

細野クリニック院長。東京医科歯科大学医学部卒業後、東京都済生会中央病院、東京大学医学部附属病院を経て独立。執筆活動も行っている。

この記事は『毎日が発見』2019年2月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP