冷え性・運動不足まで解消できる「ハーフスクワット」がすごい/スクワット

スクワットは毎日の生活を気持ち良く送るために、そしていつまでも自分の足で歩くために必要な「下肢の筋肉」を一度に強化できる最強の運動です。いまブームになっている理由は、手軽なのに効果が高いから。運動が苦手な人でもできるスクワットを、伊奈病院整形外科部長の石橋英明先生に伺いました。

前の記事「初心者におすすめ。「いすの立ち座り」を10回やるだけで疲れやすさを予防/スクワット(1)」はこちら。

 

あなたに適したスクワットをチェック!

■ 週に2 回以上買い物に行く
■ 健康情報番組が好き
■ 洗濯、掃除、料理などの家事を毎日する
■ 最近、脚の筋肉が減った気がする
■ いすから立つとき、ひざに手を置いて支えている
■ 肩こりや腰痛がある
■ テレビを見ているときは寝転がる
■ 食べる量は変わらないのに太った
■ 股関節に痛みがある
■ お姉さん座りをする習慣がある

       ↓

上記が当てはまるあなたは「スクワットプロデビュー生」。
ハーフスクワットで運動不足の解消を!

1回で10秒・5~10回を1日2~3回 ×週3回

プロデビュー生の目標
●早歩きをしても疲れにくい
●姿勢が良くなる
●冷え性の解消

それでは始めてみましょう!

1807p016_02.jpg足を肩幅に開きつま先を30°外に向けて立つ

 

1807p016_03.jpg腰を後ろにゆっくり引いていく

2を正面から見ると↓

1807p017_02.jpg
↓これはNG↓1807p017_03.jpg

 

1807p017_01.jpg手を水平に伸ばしてバランスを取りながら腰を下ろす

↓3を正面から見ると↓

1807p016_04.jpg
これはNG1807p016_05.jpg

 

 

1807p017_04.jpg

姿勢を正して元の直立に戻る

 

どうしてもフラフラする人はこれで解決!
部屋の角に背をつけてスクワットしてみましょう
1807p017_05.jpgフラフラするのはスクワットの姿勢が間違っていて、体の一部に負担がかかっているからです。壁に背をつけることで、悪い姿勢を正す効果もありますよ。

◎ワンポイントアドバイス
バランスを取るためには両腕を垂直に上げた方が行いやすいことが多いものです。もし難しい場合は手を下げて行いましょう。コツがつかめない方は、「研究生」のいすの立ち座りを鏡を見て確認しながら行いましょう。

 

次の記事「最強!「通常スクワット」でいつまでも若い自分をキープする/スクワット(3)」はこちら。

取材・文/荒井さやか 撮影/木下大造 ヘアメイク/野崎裕子 モデル/土谷 麻(オフィス美江)

<教えてくれた人>
石橋英明(いしばし・ひであき)先生

伊奈病院整形外科部長、NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表理事。専門は骨粗鬆症、関節リウマチ、関節外科。著書に『よくわかる最新医学 骨粗鬆症 予防・検査・治療のすべてがわかる本』(主婦の友社)他

この記事は『毎日が発見』2018年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP