63%の主婦が「セックスレス」と回答。悩んでる?浮気願望は? 主婦224人のレス事情

pixta_27580791_S.jpgいつもは家事ネタが多い『レタスクラブ』が殻を破って、9月号でセックスについて取り上げ、大きな話題になっています! お隣のセックス事情はやはり気になるもの。レタスクラブニュース会員224人が回答したアンケート結果から見えてきたイマドキ夫婦のセックスライフを、識者の分析とともに大公開します。

前の記事「主婦224人のうち約半数は夫婦生活現役⁉ 気になるお隣のセックス事情(1)」はこちら。

 

自分たちはセックスレスだと思う?

lettuce1809p122_1.jpg半数以上の夫婦は月に一度も性交渉なし! 1カ月以上性の営みがない。実はそれが一般的な定義だそう。

「そのことばと定義を知ってるから、"うちってレスだ"と認識するんですよね。でもセックスレスのことばが広まる前から、たぶん日本の夫婦間ってこんな感じだったのでは......。私たちの親世代も、そんなにしていたイメージって、ないですもんね」と作家のアルテイシアさんは分析します。

 
上記 で「YES」と答えた方 レスで悩んでいますか?

lettuce1809p122_2.jpg

 

上記で「YES」と答えた方 夫以外の人とセックスしてみたい?

lettuce1809p122_3.jpgセックスレスなのに、悩まない人がほぼ半数! また、悩んでいると回答した14%の人たちも「夫以外の人とセックスしてみたい?」という質問に「YES」と答えた人はわずか16%。

そこから「女の性欲は40代がピーク」説も見えてきます。「長年連れ添うことで夫をますます好きになるという女性もいますが、逆に夫に幻滅するということも、少なくありません」(臨床心理士の杉山崇さん)。

編集部は「夫以外の人とセックスしてみたい?」という質問に「未回答」が58%という点にも注目。夫以外と......なんて考えたくない、真面目な読者が多いのかも !?と推測します。

 

レスになったきっかけは?

lettuce1809p123_1.jpg理由は人それぞれ。でも最も多いのは「出産」でした。子育てで忙しい世代は、物理的にセックスする時間を捻出できないのも事実。でも、「抱き合ったり、肌に触れたりすることで、人は脳内に幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌され、幸せを感じることができます。それはセックス以外でも可能で、実は子どもの肌に触れることでも、オキシトシンは分泌するのです。子育て世代の夫婦で、レスだけど満足しているという理由の1つは、これなのでは」と杉山さん。ちなみに詳しい声を拾ってみると――

●出産
産後私の体調が戻らず、いつの間にかしなくなった(35歳)/妊娠で急に夫を男として見られなくなった(30歳)/正直、子育てでそれどころじゃないと思っていたら、そのままレスになりました(34歳)

●性欲がなくなった
本当に突然性欲がぱたっとなくなってた(38歳)/夫が薄毛のサプリを飲み出して、性欲が減退したのがきっかけ(46歳)/結婚11年目に両親と同居になり、そこから性欲が一気
に減って......(46歳)

●夫が疲れている
私から誘ったら、「仕事で疲れているから無理」と断わられて以来、もう何年もしてません(43歳)/夫が疲れ過ぎて勃たたなかった......(38歳)/帰宅後夫が倒れ込むように寝るので、物理的に時間がない(40歳)

 

レスを解消しようと努力している人も

セックスレスで悩んでいない人がほぼ半数というものの、なんとか解消しようと努力している人たちも大勢いるようです。

●なんと結婚初夜からレス。セックスの話で不機嫌に...
誘ってもはぐらすばかりの夫。レスを解消するべく話し合おうとしても、セックスが話題に上ると夫は不機嫌に......。夫婦仲はいいのに、なぜかセックスはしない夫。怒らせるのもイヤなので、もはや話し合う気も起きません(さとさん 43歳 専業主婦)。

●性欲減退を夫に伝えたけれど、深刻には捉えてないみたい
以前は性欲も普通にあったのに、現在はゼロ。一度だけ、 Hな本や映画を見て気持ちを盛り上げ、セックスできたので安心しましたが、それ以降は全然そんな気になれず。まだ 31歳、私の体が悪いのかと思ってしまいます(AIさん 31歳 パート・アルバイト)。

●誘い方、断わられたときのこと。話し合ってルールを決めた
出産後、体調不良と忙しさに振り回され、気がつけば半年レス状態に。夫と話し合い、余裕を持って2~3日前にしたい旨を伝え合うこと、断わられてもムッとせず、次の日程を話し合うなど、ルールを決めたら解消できた(なおさん 31歳 専業主婦)。

●レス予防のスゴ技テクニック:下着でアピール!
lettuce1809p123_2.jpg旦那が入浴中に、〝洗濯機の上に下着を置く〟のを合図にしています。そして私は過激な下着を身にまとい、枕元には大人のおもちゃを用意して、ベッドでスタンバイ!(45歳)

●レス予防のスゴ技テクニック:風呂上がりに...
lettuce1809p123_3.jpgセックスしたい日は、お風呂上がりにタオルを巻いただけの姿で、部屋の中をウロウロ。それでも通じないときは、ベッドで夫の耳元で、「おねがい♡」とささやいて誘います(笑)(35歳)

 

セックス以外のスキンシップをしてる?

lettuce1809p126_1.jpgほぼ半々に分かれた回答。「YES」47%には以下のような声がありました。
テレビを見るとき、夫の隣に座って体を触ります(35歳)/朝出かけるときと夜寝る前に、必ずキスとハグ(41歳)/一緒にお風呂に入る(32歳)/二人で出かけるときは手をつなぎます(45歳)/寝るときに抱き合うことが多い(38歳)

これらの回答をもとに、識者2人が鋭く分析・解説。
lettuce1809p126_2.jpg
【実はセックスより大事? スキンシップで愛を伝えよう】
夫婦円満の秘訣は、セックスではなく、スキンシップにある、と杉山さん。「肌を合わせると、そこに本能的な安心感が生まれるのは、人類のDNAに組み込まれたシステム。赤ちゃんが親にだっこをせがむのも、親の肌に触れて安心したいからでしょう」。

アルテイシアさんは現在42歳。40歳を越えた頃、性欲の減退を感じたとか。「夫とはもうセックスはしていないですが、うちはとても仲がいい。それはたぶんスキンシップの頻度が高いからです。お互いを触るだけで、愛が伝わる実感があり、精神的に満たされる。"愛してる"のことばより、1回のスキンシップのほうが強力なのでは」。

 

【レスに終止符を打ちたいなら、誘い方を変えてみては】
人間はセックスをしているとき、脳の本能をつかさどる〈視床下部〉の働きが活発になっているそう。「つまり、相手の性欲を刺激したいときは、本能に働きかけるような刺激を与える必要があります。おすすめしたいのは、香り。香りは本能にスッとたどりつく刺激なので、香水や、ルームフレグランスを用いてみては」(杉山さん)。

「"なぜ我々はセックスしないのか"とことばで切り込んでも、むしろそれがプレッシャーになってしまい、ますます距離が開くことに。あまりセックスを特別なものと考えず、さらっと誘うのが理想的。深刻になればなるほど、セックスは遠ざかりますよ」(アルテイシアさん)。

妻たちの赤裸々な本音と識者たちの鋭い分析を、はたして夫たちはどう感じるのでしょうか。


回答者はこんな方々でした
lettuce1809p120_6.jpg 

次の記事「あなたの「セックスレス」間取りが原因かも⁉ 仲良し夫婦の理想的な間取りとは(3)」はこちら。


取材・文/河野友紀 イラスト/おぐらなおみ

 


アルテイシアさん

作家。広告会社勤務を経て、『59番目のプロポーズ』で作家デビュー。以降セックスや性にまつわる著書を多数執筆。代表作に『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』(小社刊)が。


杉山 崇さん
臨床心理士、神奈川大学人間科学部教授、心理相談センター所長。夫婦関係における心理の研究も。著書に『心理学者・脳科学者が子育てでしていること、していないこと』(主婦の友社)ほか。

この記事は『レタスクラブ9月号』に掲載の情報です。
PAGE TOP