【カムカムエヴリバディ】藤本有紀脚本のドSぶりが光る!? 幾度も繰り返される「別人格の悲しい嘘」

毎日の生活にドキドキやわくわく、そしてホロリなど様々な感情を届けてくれるNHK連続テレビ小説(通称朝ドラ)。毎日が発見ネットではエンタメライターの田幸和歌子さんに、楽しみ方や豆知識を語っていただく連載をお届けしています。今週は「悲しいすれ違い」について。あなたはどのように観ましたか?

※本記事にはネタバレが含まれています。

【前回】殊勲章はこの2人? るいとジョーの背中を押す「粋な名コンビ」の存在

pixta_49981958_S.jpg

藤本有紀脚本のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の12週目。

今週は、「ジョー」こと錠一郎(オダギリジョー)のトランペットのコンテスト優勝、るい(深津絵里)へのプロポーズ、ジョーと定一(世良公則)のつながり、錠一郎のデビューに向けた単身上京、悪い噂、最悪の「再会」などが盛りだくさんに描かれた。

幸せな日々から一転、どん底に突き落とされる、藤本有紀脚本のドSぶりがまたしても光る展開である。

前週までは「宇宙人」で「謎の男」で、不器用ながらも優しさが際立っていたジョーの繊細さ・弱さが随所に見えてくる。

コンテストの優勝者はトミー(早乙女太一)だろうとラジオが予想したことで、自信喪失。

気分転換のためにるいが映画に誘うと、駄作にもかかわらず、夢中になったジョーは、「サッチモちゃんのために勝つよ」と宣言。

しかし、コンテスト当日、衣装に大好物のホットドッグのケチャップをべったりつけてしまい、それをるいが大急ぎで洗濯し、なんとか間に合って、コンテストに優勝。

そこでるいにプロポーズするが、るいは就職に落ちた自分を拾ってくれた竹村夫妻(村田雄浩、濱田マリ)に恩義を感じ、言い出せずにいる中、竹村クリーニング店にやって来て、「サッチモちゃんを僕に下さい」とフライングで申し込んでしまう。

るいは困惑し、怒るが、そこは竹村夫妻の大人力&人間力で、2人の結婚を祝福、後押ししてくれた。

るいとはクリスマスライブでの再会を約束し、3カ月間レコーディングのために上京したジョーは、笹川社長(佐川満男)のもとに居候し、笹川の娘・奈々(佐々木希)の協力を得ながら、準備を始める。

しかし、トランペットを吹けなくなってしまい、レコーディングもコンサートも延期に。

その理由は、ジョーが奈々と交際していることで社長が怒ったためだという噂が流れるが、るいはジョーを信じ、手紙を書き続ける。

しかし、ジョーからは、手紙も電話も一切ない。

そして、とうとうデビューの話がなくなってしまったジョーは、ジャズ喫茶「ナイト&デイ」の支配人兼バーテンダーの木暮(近藤芳正)にだけ事情を話すため、大阪に戻る。

そこへ、豆腐を買いに出たるいと偶然再会、さらにジョーを心配して追いかけてきた奈々に現れ......。

しかし、噂について触れ、それを信じないと言うるいに、ジョーは言う。

「ほんまや。奈々ことが好きになった。お前とは終わりや」

何だろう、このジョーの不器用すぎる「どこかから借りてきたセリフ」感。

「サッチモちゃん」呼びから、結婚する約束をしたことで「るい」と呼び捨てに変えたとはいえ、「お前」呼びは明らかに別人格。

そのくらい自身の思いと切り分け、どこかで聞いたような言葉を借りないと、るいに別れを切り出せなかったのだろうか。

しかし、「トランペットが吹けなくなった」事実と、愛する人のために嘘をついて一方的に別れを告げることと、どちらがるいを本当に傷つけるかわからない独りよがりの暴走ぶりは、悲しいかな、るいの幸せを一番に考え、説明もせずに1人で暴走し、るいとの溝を深めた母・安子(上白石萌音)と重なる。

そして、るいはそんな安子の思いを知らず、誤解のまま最愛の母に「I hate you」を投げつけたが、今度は最愛の人の独りよがりから戻ってくるとは。

思えば、るいがあえて英語で言ったのも、母がアメリカ人と恋に落ちたという憎しみに加え、自身の本当の思いと切り分けて、やはり「誰かの言葉」を借りなければ言えなかったからではないか。

幾度も形を変えつつ繰り返される悲しいすれ違い。

しかし、今、るいとジョーの周りには、竹村夫妻も木暮もトミーもベリー(市川実日子)もいる。

真っ暗闇の2人を「日なたの道」に導く人々が今後どう絡むのか。

そして、るいの最愛の人に投げつけられた悲しい嘘が、自身が母に投げつけた悲しい嘘と重なり、母の本当の思いに気づくのはいつなのか。

ますます気になる展開になってきた。

文/田幸和歌子

 

田幸和歌子(たこう・わかこ)
1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経て、フリーランスのライターに。ドラマコラムをweb媒体などで執筆するほか、週刊誌や月刊誌、夕刊紙などで医療、芸能、教育関係の取材や著名人インタビューなどを行う。Yahoo!のエンタメ公式コメンテーター。著書に『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)など。

PAGE TOP