納豆を食べて運気を上げよう!手相家が伝授する1日1分からできる「幸せに導く日常の習慣」

仕事も家事も頑張りすぎてしんどい...。そう悩んでいるあなたは、「幸せエネルギー」が空っぽになっているのかもしれません。人気の手相占い師・卯野たまごさんによると、手のひらには幸せへ導く9つの「丘」があり、幸せエネルギーが満タンだと「丘」の張りがあってふっくらしているのだそう。そこで、卯野さんの著書『手相のいい人がやっている幸運を引き寄せる小さな習慣 手相で"線"より大切な"丘"の話』(KADOKAWA)より、手のひらの中指の付け根にあり、コツコツ頑張る力が身に付く「土星丘」がふっくらと膨らむ、毎日の小さな習慣についてご紹介します。


1日1分からできる「日常の習慣にしたい土星丘のチャージポイント」


●植物を育てる

teso_P79_1.jpg 

植物は、日々お水をあげてお世話をしないと枯れてしまうので、マメさが養われる。

成長の喜びや命の大切さへの気づきにも。

●ルーティンを1つ決める

クセづけをすることで、持続力を高める。

例えば、靴下を右足から履く、毎朝花に水やりをするなど、簡単な日常のことの方が続けやすい。

●ご褒美を決める

まさに、馬に人参方式!

「達成したら◎◎をする・◎◎を買う」などと決めておけば、続けていくためのモチベーションがアップ。

●納豆を食べる

teso_P80_1.jpg

納豆は、運気を上げてくれる「福メシ」。

納豆エネルギーにあやかって、"粘り強さを"を取り入れよう。

●一言日記をつける

持続することに意味があるので、無理なく続けるためにも「一言」がポイント。

「今日は天気がよかった」など、メモ程

●ビジョンボードを貼る

自分の"理想"を部屋の見える場所に張り、意識を上げる。

例えば行きたい国や憧れの女優の写真など、文字よりも視覚に訴える画像がおすすめ。

ビジョンボードのアプリもあるので、携帯の待ち受けにしてもよい。

●柏手を打つ

柏手を打つことで、気が一瞬にして変わり、邪気払いになる。

停滞している時、士気が下がっている時に簡単にできておすすめ。

●プロフェッショナルの真似をする

世界的な成功者など、尊敬する人、デキる人物の生活習慣やルーティンを取り入れてみる。

メモを取る、午前中に仕事をするなど。

●形から入る

例えば、ジムに入会するなど、"辞めたら損をする"状況にしてしまう。

スポーツや趣味を始めたいなら、道具を先に 揃えてしまうのも手

【まとめ】『手相のいい人がやっている幸運を引き寄せる小さな習慣』記事リスト

715ifMwwNCL.jpg

自分を知るバロメーターとなる手相の「丘」の存在を伝え、その丘がふっくらと膨らみ幸せになる「小さな習慣」を伝授

 

卯野たまご(うの・たまご)
1982年兵庫県生まれ。第18回コミックエッセイプチ大賞受賞。著作に「夢を叶える! 引き寄せノート術」、「手相占いであなたの幸せ引き寄せます!」、「いい運気と仲良しになれる! 引き寄せ行動術」、「恋愛ブランク女子のための運命の人の見つけ方」(KADOKAWA メディアファクトリー)など。

アマゾンから.jpg

『手相のいい人がやっている幸運を引き寄せる小さな習慣 手相で“線”より大切な“丘”の話』

(卯野たまご/KADOKAWA)

手の平には「丘」という、「幸せを導く9つの膨らみ」があるって、ご存じですか?この「丘」がぷっくり膨らむと、自分に心地いい毎日が手に入るんだそう!そこで、人気の手相占い師・卯野たまごさんが、いまの生活に迷いを抱える人に、「丘」がふっくらと膨らむ毎日の小さな習慣を教えてくれます。日常生活と「手相の丘」の関わりを描いた、卯野さんのマンガも必読です!

※この記事は『手相のいい人がやっている幸運を引き寄せる小さな習慣 手相で“線”より大切な“丘”の話』(卯野たまご/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP