入れて待つだけで異国の気配♪ 休日に炊飯器で作る「カオマンガイ」レシピ

何となく適当になりがちな「昼ごはん」。でも、ちょっとだけ「冒険」すれば、料理の時間が楽しくなって、しかもおいしいひとときが過ごせるんです。そこで、料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞作のシリーズ第3弾『休日が楽しみになる昼ごはん』(小田真規子、谷 綾子/文響社)から、時間に余裕のある休日の昼ごはんを、「一工夫でおいしく楽しく変えられるレシピ」を連載形式でお届けします。

071-005-064.jpg

炊飯器で作れる異国の気配 蒸し鶏ご飯の現実逃避

日曜日のお昼に思うこと。

ああ、もう休日が終わってしまう......。

そんな現実から逃げ出したいときに必要なもの。

それが、異国の気配です。

この蒸し鶏ごはん。

タイでは「カオマンガイ」と呼ばれます。

日本の炊き込みごはんと違うのは、具材がごろっと大胆なところ。

細かく切った場合と比べて、鶏肉がしっとりジューシーに仕上がり、「おかず」として十分自立できるおいしさになるのです。

放っておくだけで、おかずと主食が一度にできるというお得感もうれしいもの。

そして炊飯器をあけた瞬間、ふわぁと広がるうまみの気配。

熱々ごはんを頬張ると、心がすみずみまで奪われる......。

さあ逃げましょう、このアジアのおいしさに。

材料(2人分)
米...2合
鶏もも肉...1枚
塩...小さじ1/2
こしょう...少々
にんじん...1/2本
ズッキーニ...1/2本
A
・水...2合(360ml)
・しょうゆ...大さじ1
・塩...小さじ1
B
・しょうゆ・酢...各大さじ1
・砂糖・しょうが(チューブ)...各小さじ1
・ラー油... 10滴

作り方
1.米はといでざるにあげ30分おく。

*3合炊きではなく5合炊きの炊飯器で作ってね

2.鶏肉は余分な脂を除き、筋を切って塩・こしょうをふる。にんじんは1㎝の輪切り、ズッキーニは縦半分に切る。

3.米を炊飯器に入れてAを注ぐ。をのせ、そのまま炊く。

4.Bを混ぜ、かけていただく。

料理で冒険しませんか?『休日が楽しみになる昼ごはん』記事リストはこちら!

071-H1-kyuzituhirugohan.jpgレシピは、麺、米、パンをテーマにしたものから、ワンプレート、鍋、サラダまで。昼ごはんを作るのが楽しくなるレシピ集です

 

小田真規子(おだ・まきこ)

料理研究家、栄養士。レシピ開発やフードスタイリングのほか、学校教育の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。「誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい料理」をテーマに著書は100冊以上。「オレンジページ」「エッセ」、NHK「あさイチ」では定期的にコーナーを担当。本書の第1弾『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)は2016年料理レシピ本大賞in Japan準大賞受賞。

shoei.jpg

『休日が楽しみになる昼ごはん』

(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)

毎週休日が来るたびに、「昼ごはん、何を作ろう・・・」と悩んでいるなら、料理で新しい「冒険」に出てみませんか? 週休2日なら年間約120日もの休日が冒険の日々に変わります。何気にない休日もおいしく楽しい思い出の時間に。家でできる小さな冒険のヒントをくれるレシピ本です。

※この記事は『休日が楽しみになる昼ごはん』(料理・小田真規子、文・谷綾子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP