他人の目が気になる時は...10秒で集中「鏡のワーク」のススメ

「いつも自分を人と比べてしまう」「自分は損ばかりしている」。そんな想いで日々モヤモヤしている方、いませんか? そんなときにぜひ知ってほしいのが、今から2500年も前の中国の思想家・老子の言葉。45年間で10万人を診察した精神科医が、その老子の言葉を「意訳」ならぬ「医訳」をしてわかりやすく解説して話題の書籍から「ジャッジフリー」な考え方を連載形式でお届けします。

鏡22.jpg

他人より、自分のことに集中できる鏡のワーク

ふとした瞬間に、他人が気になってしまってモヤモヤする。そんなときには「鏡」を意識的に見るようにしてみてください。

朝、洗面所で顔を洗うとき。
会社のトイレで手を洗うとき。
外出先の化粧室で身だしなみを整えるとき。

鏡に接する機会は意外とあるものです。しかし、よほどご自身のお顔が好きな方でない限り「髪型が崩れていないか」「口紅が落ちていないか」といった「確認」に使うことがほとんどだと思います。

しかしこのワークの目的は、鏡の中の自分を認識することです。ですから、ただ漫然と鏡を見るのではなく、そこに映る自分の目を、10秒ほどしっかりと見つめることが大切です。

頭の中で「いち、にぃ、さん......」と、10まで数えてみましょう。

自分の目は、自分からは見えません。しかし、他人の目は視界に入ってきます。自分より人のほうが、いつも視界に入ってくるわけですから、他人が気になってしまうのは当たり前。

ですから鏡を使って自分の姿かたちを意識することで、自分の存在を物理的に強く感じるようにするのです。

わざわざ鏡のある場所へ行かなくても、手鏡を持ち歩くのでもいいでしょうし、ショウウィンドウに映る自分を見るというのでもかまいません。

実践するうち、自分の輪郭がはっきりと感じられるようになってきます。ひいては「目の前にいる自分から見て、ほんとうに誇れる生き方ができているか?」といった問いかけが、自然と頭の中で生まれてくるはずです。

そうすれば「他人のことを考えないようにしよう」などと無理に思わなくても、自然と自分のことだけに集中できるようになっています。

 

その他の「人生に、上下も勝ち負けもありません」記事リストはこちら!

81GX7X+tu0L.jpg

老子の32の言葉を、わかりやすく優しい視点で解説。元気が出ます!

 

野村総一郎(のむら・そういちろう)

医学博士。元防衛医科大学校病院長。1949年生まれ。慶應義塾大学医学部を卒業後、テキサス大学、メイヨー医科大学に留学。。帰国後、藤田保健衛生大学精神医学室助教授、国家公務員共済組合連合会立川病院神経科部長。そして、平成9年に防衛医科大学校教授、平成24年に防衛医科大学校病院病院長に就任、現在は六番町メンタルクリニックの院長として、仕事や人間関係に悩む人の相談、カウンセリングを行っている。また平成18年より読売新聞の人生案内での回答者も務める。


81GX7X+tu0L.jpg

『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』

(野村総一郎/文響社)

「ある日、患者さんにポロッと老子の言葉を話すと、泣き出してしまったのです」。読売新聞「人生案内」の回答者であり、45年間で10万人を診察した精神科医が紹介するのは、2500年の時を超えたいまなおみずみずしい「老子」の言葉の数々。優しい視点とわかりやすい解説による「32の思考」を紹介し、発売後即重版となった話題の一冊です。

※この記事は『人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉』(野村総一郎/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP