岡田准一と西島秀俊が初共演! 『散り椿』連合試写会に抽選で1200組・2400名ご招待

散り椿ロゴ.png

これまでキャメラマンとして数多くの映画賞を受賞し、初監督作『劒岳 点の記』では日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた木村大作監督の最新作が、2018年秋に公開されます。主演を岡田准一さん、共演に西島秀俊さんなど、人気と実力を兼ね備えたキャストにも期待が高まるこちらの作品は、享保を舞台とした時代劇。侍たちの凛とした生き様と、切なくも美しい愛をテーマにしたラブストーリーを描きます。


『散り椿』のストーリーは享保15年、藩の不正を訴え出たために、藩を離れることになった侍・瓜生新兵衛(岡田准一)を主人公に進みます。藩から追放された後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折に最期の願いを新兵衛に託します。その思いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく姿を、岡田さんがエネルギッシュに演じています。今回の作品のため、岡田さんはクランクイン前から殺陣の稽古に励んだとのこと。幅広い世代から支持されている岡田さんですが、新たな一面を見ることができそうです。

脚本は『影武者』や『乱』など黒澤明の元で助監督を長年務め、『雨あがる』(脚本・黒澤明)では初監督を務めた小泉堯史氏が担当。撮影は富山・彦根・長野にて、時代劇では前代未聞である全編オールロケを行いました。キャメラマン・木村大作ならではの捉え方で、登場人物たちの熱い想いや感情を丁寧に描きます。今までの時代劇とは一線を画す作品となることでしょう。

豪華な俳優陣からも目が離せません。多くのTVドラマや映画で活躍する西島秀俊さんをはじめ、黒木華さん、池松壮亮さん、麻生久美子さんが出演。さらに石橋蓮司さん、富司純子さん、奥田瑛二さんなど、日本を代表し、圧倒的な存在感を誇る面々が集結します。とくに注目は主人公を演じる岡田さんと、その親友役を演じる西島さん。2人が共演するのは本作が初めてとのことで、どのようなシーンが2人の演技で生み出されるのか、期待も高まります。

映画の公開に先駆けて、KADOKAWAの連合試写会が開催されます。東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の全国五大都市にて、1200組・2400名を招待します。ぜひ、この機会に、オールロケによる美しい自然と木村監督ならではの「画」を、劇場の大スクリーンで体感してください。

応募方法など詳細は以下の通りです。

KADOKAWA一斉連合試写会「散り椿」

<東京>

●日時:9月18日(火)18:00開場 18:30開映 300組/600名

●会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

<大阪>

●日時:9月18日(火)18:00開場 18:30開映 260組/520名

●会場:大阪商工会議所 国際会議ホール(大阪府大阪市中央区本町橋2-8)

<名古屋>

●日時:9月18日(火)18:00開場 18:30開映 240組/480名

●会場:TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ(愛知県名古屋市港区品川町2-1-6)

<福岡>

●日時:9月18日(火)18:00開場 18:30開映 200組/400名

●会場:都久志会館(福岡県福岡市中央区天神4-8-10)

<札幌>

●日時:9月18日(火)18:00開場 18:30開映 200組/400名

●会場:共済ホール(北海道札幌市中央区北4条西1-1 共済ビル6階)

<応募方法>

ハガキに ①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤性別 ⑥職業(学年) ⑦電話番号 ⑧ご覧になった雑誌名 ⑨ご希望の会場 を明記し、下記の宛先までお送り下さい。

〒102-0071 東京都千代田区富士見1-6-1 富士見ビル7階

㈱ムービーウォーカー 「散り椿」 KADOKAWA連合試写会係

WEBからも応募できます。

<応募〆切>
●8月31日(金)必着



「散り椿」

9月28日(金)全国ロードショー

監督・撮影:木村大作

脚本:小泉堯史

音楽:加古隆

出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ほか

製作プロダクション:東宝映画 ドラゴンフライ 

©2018「散り椿」製作委員会

配給:東宝

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP