涙ボロボロになった去年のおうち時間のひと時は「心の栄養」。女優・沢口靖子さんインタビュー

1999年に始まった「科捜研の女」シリーズが、この秋、劇場版として公開されます。榊マリコ役を演じ続けてきた沢口靖子さんに、シリーズを振り返っていただきました。

2109_P062_01.jpg

「科捜研」メンバーの意外な一面が!?

――約20年、いかがでしたか?

マリコは最初は科学一辺倒でしたが、殉職された木場刑事(小林稔侍)から「犯罪だけではなく、人を見ろ」と教わり、価値観が大きく変わって、人としても女性としても成長した気がします。

私にとって、もう分身のような存在ですね。

共に年齢を重ね、1年に一度必ず戻る場所。

白衣を着ると、マリコになったなと思います。

懐かしくて、帰ってきたなという気分になりますね。

「科捜研」メンバーも本当にファミリーみたいな感じなので。

映画の中では、メンバーのオフの一面も描かれているんですよ。

例えば、宇佐見さん(風間トオル)がお母さんといるところや、所長(斉藤暁)が奥さんといるところ。

とても微笑ましかったです(笑)。

物を処分する意外な方法とは?

――冒頭には、マリコさんの微笑ましいシーンもあります。

オフの時間も科学に夢中のマリコですよね(笑)。

――マリコさんの科学のように、沢口さんがお好きなことは?

お部屋のお掃除、片付け、整理、あとお買い物です。

散らかったお部屋より、片付いてスッキリした空間の方が居心地が良くて好きです。

またお洋服やステーショナリーグッズを買うことも好きです。

――写真の整理だとか、断捨離に悩む読者の方も多いです。

いつか使うと思うから、物の処分は難しいですよね。

撮影でしばらくホテルで生活することがあるのですが、必要最低限のものだけで暮らしてみると、これだけで生活できるんだって気付かされるんです。

そこから家に帰ると、不要なものが見えてくるんですよ。

その時に、思い切って処分するようにしています。

こういうことはタイミングだから、その時を逃すと、また捨てられないんですよね。

家を少し離れることで、客観的になれるのかもしれません。

――掃除された部屋で、どんなことをされるんですか?

お仕事が迫っていると、台本を読んだり、撮影の準備に費やすことが多いので、お休みの時は本やDVDを見ながら、ゆっくりした時間を過ごすようにしています。

どうしてもアウトプットすることが多いので、心の栄養をインプットする時間が大切ですね。

去年はお家にいる時間が長かったですが、なぜか急に『タイタニック』が観たくなったんです。

映画館にも何度も観に行ったのですが。

他にも久しぶりに観て感動したのは『レ・ミゼラブル』。

2回目でも涙ボロボロでした。

哲学的なメッセージも素晴らしいですよね。

がらっと変わりますが、『マンマ・ミーア!』みたいなコメディ・ミュージカルや『プラダを着た悪魔』も華やかなファッション業界の話で、いまでも好きな作品です。

――コメディがいくつか出ましたが、沢口さんも舞台などでおやりになりますね。

以前、三谷幸喜さんや三宅裕司さんにお声をかけていただいて、チャレンジしたことがあります。

関西出身なので、週末は新喜劇を見て育ちました。

笑いのDNAは流れていると思います(笑)。

――いよいよ映画が公開です。

先の見えない展開や映像美はもちろんですが、シリーズ最強の敵・加賀野教授を演じられた佐々木蔵之介さんの迫力や、歴代のレギュラーメンバーの方々のご登場、あとはマリコの最終実験も見どころです。

テレビ・シリーズとはまた違ったスケールの大きな作品になっていますので、どうぞ楽しみにしていてください。

取材・文/多賀谷浩子 撮影/齋藤ジン ヘアメイク/黒田啓蔵(Iris) スタイリスト/竹上奈実

 

沢口靖子(さわぐち・やすこ)さん
1984年に映画『刑事物語 3 潮騒の詩』でデビュー。翌年のNHK連続テレビ小説「澪つくし」で国民的人気に。以降、「科捜研の女」シリーズをはじめ、ドラマ・映画・舞台等で幅広く活躍。

【毎日が発見ショッピング】片付けで給食を届けよう 台所ボックス

 

2109-daidokoro.png

断捨離で社会貢献!不要な台所用品を送ると開発途上国の子どもに給食が届けられる【片付けで給食を届けよう 台所ボックス】「TABLE FOR TWO」を通じて1口当たり5食分の給食を開発途上国の子どもたちに届けます。2,000円のお買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

 

「科捜研の女 -劇場版-」

9月3日(金)全国公開
監督:兼﨑涼介
出演:沢口靖子、内藤剛志、佐々木蔵之介 他
配給:東映

(C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会

京都の大学で謎の転落死事件が発生。時を同じくして、世界各地で同様の事件が起こる。それぞれに共通する特徴から、やがて捜査線上に、ひとりの大学教授が浮上するが――。

この記事は『毎日が発見』2021年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP