"街中の猫"ならではの仕草や表情...その魅力を切り取った写真に釘付け/猫の写真と、猫との暮らし。

20年以上に渡って東京の猫の写真を撮り続け、いまでは延べ4万匹撮影したという写真家kiyochanさん。写真集『ねこ散歩』でも知られる彼に、"街猫"を撮り続ける楽しさや、撮り方のコツを聞いてみました。

関連記事:約15万人のファンが釘付けの"困り顔猫" 寅次郎くん

関連記事:癒しの猫写真が多数!「ねこ休み展」に見る個性豊かな猫たちの姿

A_gx7a-005040 のコピー.jpg

©ねこ休み展 in 仙台 / kiyochan

猫写真への反響が活動のきっかけ

主な被写体を東京で暮らす猫に絞り、ブログ、ツイッター、インスタグラムなどで写真を発表しているkiyochanさん。

東京の街で暮らす猫だからこそ見せる仕草や表情、絶妙な人間との距離感が猫好きの心をくすぐります。

フリーランスの写真家でありながら、撮影するのはほとんどが猫。

ユニークな活動について、どういった経緯で始めたのかを聞いてみました。

「約20年前、勤務先だった会社の仕事でホームページ制作をすることになりました。まずは練習にと個人ホームページを作り、街で撮ったいろいろなスナップ写真を載せたところ、猫写真に対してコメントが多く付いたのです。それが嬉しくて、2004年に猫写真専門ブログを立ち上げました」とkiyochanさん。

さまざまなツールで猫写真を載せ、日に何度も更新するkiyochanさん。

週3~4日、撮影に出かけ、自分が生まれ育った東京で暮らす猫を撮ります。

撮影は1回3時間。

日が昇り始めた時間から撮り始めることが多く、事前にどの区で撮るかを決めてから向かうそう。

「基本的に出会った猫はすべて撮ります。初めは遠くから猫を小さく写るように撮り、可能なら最後は近付いてアップで撮ることが多いです。私は猫との出会いから見てもらいたいため、ブログは1記事に写真を数枚載せたストーリー仕立てにしています。ほとんどが一期一会となる猫との出会いですから、背景との位置関係は臨機応変に対応しています」。

B_7r4a-017829 のコピー.jpg

©ねこ休み展 in 仙台 / kiyochan

【次ページ:"街猫"撮り方のコツ】

 

猫の合同写真展&物販展「ねこ休み展 in お台場」
●会期:2021年3月20日(土)~5月16日(日)
●入場料:600円※3歳以下は入場無料
●時間:11:00~17:00、土日祝は11:00~18:30(※最終入館はともに閉館の15分前)
 ※時期により変更の可能性あり。
●休み:期間中なし
●会場:デックス東京ビーチ3階 デックス広場
●住所:東京都港区台場1-6-1
 
猫の合同写真展&物販展「ねこ休み展 in 仙台」
●会期:2021年3月20日 (土)~4月11日(日)
●入場料:600円※3歳以下は入場無料(単独入場不可)
●時間:11:00~19:00 (※最終入館は閉館の30分前)
●休み:期間中なし
●会場:仙台フォーラス 8階特設会場
●住所:宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP